アンサングシンデレラ|第15話ネタバレあらすじと感想も紹介!覚悟

アンサングシンデレラ薬剤師葵みどり漫画の15話ネタバレ、あらすじと感想です。

15話で柴崎さんの抗がん剤治療のお話は完結

誤嚥性肺炎でおじいさんが運ばれたあとのお話です

 

 

アンサングシンデレラ漫画15話のネタバレ感想も紹介します^^

アンサングシンデレラ|第14話ネタバレあらすじと感想も紹介!残りの日々をどう生きるか

アンサングシンデレラ|第15話ネタバレあらすじ!覚悟

アンサングシンデレラの第15話のネタバレとあらすじをまずは紹介します!

誤嚥性肺炎と抗がん剤の中止

誤嚥性肺炎で入院となったおじいさん

誤嚥性肺炎は、飲む力が弱くなって唾液や食べ物が細菌と気道に入る事で発症

 

抗がん剤治療は免疫力を落としてしまうため中止するしかないと柴崎さん(お父さん)に伝える畑中先生

柴崎さんは抗がん剤を中止している間のガンの進行を気にしている様子

 

同じ話を葵にしているエバさん

肺炎が治ったら化学療法を再開できるのかどうかを尋ねる葵

 

「標準的治療をしなかったとしても、誰も『諦めて』なんかない」

と緩和ケアに移る事を意味するような回答をします…

 

 

「す、すいませ…」

謝ろうとする葵を止めるエバさん

 

 

「覚悟をもって、最後まで、自分に何ができるのかを考えて」

とエバさんに言われて

そんなのできてるにきまってる…と考えるものの、落ち込んでいる様子

 

 

しばらく病院に残っていた葵

そこへ瀬野さんがやってきた

覚悟

瀬野さんに「私には覚悟が足りないって思っていますか」と質問する葵

小児科担当の葵、それでも救急の患者もくることから今までもそういった現場に居たと説明する

 

そんな葵に対して…

 

 

「心構えだってできてるんだろう」といいつつも

「やっぱり実際に経験しなければわからないことが山ほどある、自分の感情でさえも」

と伝える瀬野さん

エバさんの視点を勉強できるのも良い事だと言う瀬野さんに葵はうなずいた

 

そんなションボリしている葵に

カップラーメンをたくさん持ってきて、好きなのを選ばせてあげるという瀬野さん

葵は限定の一番高いやつを選んだ(笑)

緩和ケア

入院から数日後、痛みを訴えるおじいさんのために緩和ケアの治療がはじまった

なにかあっても、もう延命治療しないようにと伝えるおじいさん

 

「気弱にならないでください」

という畑中先生に

治療を自分で決めて良いと言ってくれた話をだして

息子の柴崎和也さんに「もう、いいよな」と伝えます

 

 

そんな息子の柴崎さんは

お父さんの好きだった冷やし大根の白煮を持ってきていました

 

 

味の言い訳をする柴崎さん

「言い訳は良いから」と大根を口にするおじいさん

「うまいなぁ」と味わうおじいさん

似たもの同士

「樹里と2人になったら、ちゃんとできるのか不安で」

と語り始める柴崎さん

「家族も、店も、守れないんじゃないかって」と不安を打ち明ける

 

そんな息子に

「俺もおんなじだったよ」

と伝えるおじいさん

 

 

「結局似たもの親子だなぁ」と笑顔のおじいさんに

柴崎さんは悔しそうに涙した

そして数日後

おじいさんの薬の量について相談しているエバさんと葵

 

それからもどんどん、おじいさんの体調は悪化していった

 

 

もうほとんど目を閉じたままのおじいさん

右手がずっと力強く握られていることから

爪でケガをするんじゃないかと心配する樹里

 

 

そんな樹里に、小児科で使っている可愛い布製のガラガラを渡す葵

とっても可愛いクマのガラガラを握りしめて眠るおじいさんが可愛くて

樹里が笑顔を見せた

 

 

そして…

 

 

泣いている樹里を抱き寄せる柴崎さん

とうとうおじいさんは最期を迎えてしまう

 

 

調剤が入っていたものの、他の人たちに代わってもらってかけつけた葵

「なんの役にも…」とエバさんの前で涙を見せる

 

 

「泣くの我慢することないよ」

と伝えるエバさん

何か出来ることがまだあったかもしれないと、悔しがる葵に

「そうやってずっと考え続けるしかないんだ」と語る

 

 

「その覚悟を忘れないで」

というエバさんの言葉を噛みしめる葵

 

 

数日後、病院に樹里から手紙が届いた

手紙には樹里が食事を取れていることや、お父さんとの事が書いてあった

そして葵がおじいさんに持たせてあげていたクマのガラガラが同封されていて…

 

 

鞄にガラガラそっくりのクマのストラップを付けて学校へ向かう樹里

手紙を読んで涙する葵

 

 

葵は何か決意を新たにした表情で前を向いて歩き始めた

アンサングシンデレラ第15話の感想

アンサングシンデレラ第15話の感想です。

 

この15話で3巻は完結、抗がん剤の話もこれで終わり

ここまでの末期がんの患者さんのお話…結構重いお話だったので、これまでより展開が長く感じました

 

 

ガンの話…その場に自分が居るわけではないですけど

葵と同じように、何も出来ずにただ読んでいくしかない自分

なんともやるせない感じがしました

 

 

エバさん、抗がん剤の認定薬剤師って紹介がありましたけど

柴崎さんのおじいさんのような患者さんを診る機会が多いという事ですよね…

 

 

誰かがやることになる仕事とはいえ

しんどいなぁ…と思いました

でもその反面、やりがいもありそうですけどね

 

 

分かってはいるのに、どんどん体調が悪くなっていくおじいさんを

途中から見ていられなくなってきて、ササっとめくっていってしまいました…

 

 

最期は樹里が元気になって良かった

クマのガラガラはとっても可愛かったです!

 

 

これで3巻までが完結

16話からどんな話がはじまるのかが、とても楽しみです^^

アンサングシンデレラ最新話ネタバレ16話!感想やレビューも!生理痛とサプリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!