アンサングシンデレラ|第11話ネタバレあらすじと感想も紹介!インフルエンザの流行

アンサングシンデレラ薬剤師葵みどり漫画の11話ネタバレ、あらすじと感想です。

11話はインフルエンザが流行した萬津総合病院でのお話。

タミフル処方についてがテーマでした。

 

アンサングシンデレラ漫画11話のネタバレ感想も紹介します^^

アンサングシンデレラ|第10話ネタバレあらすじと感想も紹介!諦めたくないんです

アンサングシンデレラ|第11話ネタバレあらすじ!諦めたくないんです

アンサングシンデレラの第11話のネタバレとあらすじをまずは紹介します!

インフルエンザ流行中

インフルエンザ流行中の萬津総合病院。

かなりの数の患者さんが病院へやってきて、葵たちはてんてこ舞い

 

 

マスクを付けずにやってきてしまう患者さんや

予防接種を打ったのにインフルエンザにかかってしまうと文句を言う患者さん

 

 

待合室は患者さん達でいっぱいで

調剤チームも疲れが目立っていました

 

 

「体感的には2人に1人はインフルです」

「ロボットのように調剤しています」

とクタクタの様子のくるみとハク

 

インフルエンザの患者さんばかりのため

予製といって先に薬を調合しているものの

2人とも魂が抜けたような様子

 

 

「インフルインフル騒ぎすぎなんですよ」

と文句を言うハク

 

 

高熱や関節痛など、インフルエンザの「疑い」の普通の風邪で来院する患者さんが多く

逆にインフルエンザのウイルスを貰いに来ていると愚痴る

 

 

マスコミがやたら不安を煽って国民が流されるだけだと文句をいうハクに

大変さが分かるという葵

 

 

そんな葵にハクは

タミフルが2018年8月に異常行動と関係ないと使用制限解除されたのにも関わらず

異常行動のニュースばかりが出てくると言及して

11年も制限解除にかかって、負のイメージが未だにつきまとっていることが問題だと指摘しました

 

 

同じく疲れている雰囲気の瀬野さん

患者さんたちも、インフルエンザはまだ自己管理不足で甘えという空気もあるし

どこにいっても感染の恐怖がつきまとう

不安と焦りでいっぱいだから、病院のメンバーが受け止める義務があると語る

 

 

「正しい情報や正しい説明はもちろん大事だけど、診断に納得して安心して帰って貰うことが大事」

と語る瀬野さんに、少しまだ納得いかない様子のハク

タミフルを拒否する患者さん

タミフルを74歳の黒川さんに渡すハク

黒川さんは高齢で咳が酷く座ったままで、黒川さんの娘が薬を取りに来た

 

 

ハクは、タミフルは説明がしやすいから一番使いやすいと回想している

 

 

薬を渡すと黒川さんの娘さんは、タミフルではなくて別の薬を処方して欲しいといいはじめました

以前、1回で済む吸入薬で治ったという黒川さんの娘さん

ハクは吸入薬は強く吸う必要があるため、高齢の黒川さんには難しいのではないかと諭す

 

 

「でもタミフルは危ないでしょう?」

 

 

突然声をあらげる黒川さんの娘さん

ハクが異常行動について説明しても、ネットで調べた異常行動のタブレットをハクに見せてくる

 

 

なぜ目の前に居る薬剤師の自分よりも

ネットの記事を鵜呑みにしてしまうんだとイライラするハク

 

 

そこへやってきた葵

 

 

黒川さんの娘さんにお母さんの体調を聞いたあと

脱水の可能性もあるため、薬を点滴にするよう医師に相談しようかと提案

ハクに医師に事情を話してラビアクタという点滴薬に変えるよう話しました

 

「患者さんの提案に毎回応じていたらきりがないんじゃないですか?」

と食い下がるハク

 

 

それに葵は同意しつつも

納得が行かずに不安がある患者さんを

頭ごなしに否定して追い詰めるのも行けないと伝える

 

「説得より納得だよ、羽倉くん」

と背中をポンと叩く葵

 

 

「瀬野さんのパクリ…」とハクが言うと

葵はははっと笑顔を見せました

インフルエンザのリーフレット

医師に相談した結果、タミフルは点滴に変更に

その間にも葵は子供連れのママに薬をココアに混ぜると飲みやすいなど

積極的に患者さんの不安を取り除いていた

 

 

そんな様子をコッソリ見守るハク

 

 

点滴に変えてもらった黒川さんをハクが病室に案内する

母親の感染が自分のせいかもしれないと悩む黒川さんの娘さん

予防接種は打っていたのにという話に対して

高齢者は重症化のリスクも高い、予防接種でそれを防げたのは正しい事と話すハク

 

 

葵がふと見ると、残業しているハク

ハクは何やらリーフレットを作っていた

 

 

その内容はインフルエンザについて分かりやすく説明した紙で

葵やくるみたち薬剤師も良いじゃんとハクを褒める

 

 

そして点滴への変更の提案について葵にお礼を言うハク

 

 

…すると突然、葵は寒気がし始めて

忙しい時に熱で早退する事になってしまいました

アンサングシンデレラ第11話の感想

アンサングシンデレラ第11話の感想です。

 

最後の「このクソ忙しいときに発熱だぁ!?」

の瀬野さんと

「不安を受け止めてくれないじゃん~」の葵のやり取りが面白かった(笑)

最後に全部持って行かれた感じです!

 

 

インフルエンザのお話の11話。

ちょうど読んだ時期に新型コロナウイルスとインフルエンザが流行っていたので

ドンピシャな感じの内容で読んでいて面白かったです

 

 

確かにタミフル、昔、異常行動が話題になって

一時的に使用が制限されていましたよね

 

 

私もまだ子供だったのもあって

タミフル=ヤバイ

と思っていました

 

 

でも異常行動はタミフルを飲まなくてもおきるんですね…

タミフルへの誤解がこの機会に解けて良かったです

 

 

ニュースとかって不安を煽る時はかなり煽るのに

大丈夫になった時ってあまり大きく報道されない感じがします

 

 

インフルエンザでも、たぶんコロナウイルスでもそうですよね

 

 

タミフルは異常行動とも関係ないことが判明しているということなので

もっと正しい情報が浸透すれば良いなと思いました

 

 

ネッで情報はすぐに拡散してしまいますもんね…

色々考えさせられました

12話からは数話同じテーマの話が続くようです!

アンサングシンデレラ|第12話ネタバレあらすじと感想も紹介!摂食障害の女の子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!