アンサングシンデレラのロケ地や撮影場所、病院はどこ?萬津総合病院のモデルはある?

ドラマ、アンサングシンデレラのロケ地や撮影場所、病院はどこかの予想ネタバレです。

石原さとみ主演のアンサングシンデレラ。

アンサングシンデレラのロケ地や撮影場所、病院はどこにあるのでしょうか。

また、萬津総合病院(よろづや総合病院)のモデルは実在するのかも調べました。

スポンサーリンク


アンサングシンデレラのロケ地や撮影場所、病院はどこ?

漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」の実写版、ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋 」

石原さとみが主演ということで話題ですね^^

そんなアンサングシンデレラのロケ地や撮影場所、病院はどこになるのかを探してみました。

 

気になる場所は

  • アンサングシンデレラのロケ地
  • アンサングシンデレラの撮影場所
  • 萬津総合病院の病院はどこか
  • ナカノドラッグの場所はどこか(登場する?)

です。

 

 

医療系のドラマというと…コウノドリも漫画が実写化されましたね。

そこでコウノドリのロケ地をや撮影場所、病院はどこだったかを調べてみました。

ドラマ「コウノドリ」のロケ地は、

  •  神奈川工科大学 第一食堂
  • 神奈川県立がんセンター
  • 綾瀬市役所屋上
  • 東千葉メディカルセンター

でした。

 

 

そして同じく医療ドラマで人気だった「コードブルー1stシーズン」のロケ地は

  • 日本医科大学付属千葉北総病院
  • 千葉経済大学
  • 千葉市立青葉病院

「コードブルー2ndシーズン」のロケ地は

  • 八千代医療センター
  • 千葉医療秘書専門学校
  • 国保旭日中央病院

 

でした。

 

そうなるとアンサングシンデレラのロケ地や撮影場所、病院

  • 関東の大学の食堂
  • 関東の病院(千葉が有力?)

 

となる可能性が高いのではないでしょうか。

ロケ地が分かり次第、すぐに更新しますね^^

 

 

ちなみにこのアンサングシンデレラでも食事のシーンがあるので

どこかの大学の食堂は必ず使われるのではないかと思います!

スポンサーリンク


萬津(よろづや)総合病院のモデルはある?実在する?

そして気になる萬津(よろづや)総合病院のモデルはあるかについてですが、調べてみても同じ名前の病院はありません。

アンサングシンデレラの漫画にだけ出てくる架空の病院のようですね。

 

 

この漫画の医療原案は「富野浩充さん」が行っていて、ドラマ版も富野浩充さんが行う予定になっています。

そして富野浩充さんが勤められている病院が「焼津市立総合病院

周産期センターや脳卒中センター、腎、泌尿器や消化器も診療する総合病院なのだそうです。

 

 

焼津市立総合病院

住所:静岡県焼津市道原1000番地

 

 

焼津市立総合病院の見た目はこんな感じです

 

富野浩充さんは実際に焼津市立総合病院の薬剤科に勤めていらっしゃる現役の方です。

そして焼津総合病院で働く傍ら、ライター業もされており、それを漫画家の新井さんが見つけて声をかけたんだそうですよ。

富野さん自身も漫画の主人公のように、薬剤師の立場や存在意義が分からなくなることがあるという。

「例えば、病変の組織や細胞の観察を専門にする病理医がいるように、薬剤を専門にする医師がいてもおかしくない。

薬剤師のあるべき姿、その着地点を漫画に描きたい」と抱負を語る。

薬事日報

とあるように、富野さん自身のご経験が漫画に生きているような気がします。

ということは、萬津(よろづや)総合病院は実在しませんが、焼津市立総合病院が漫画のモデルになっている可能性はありますね^^

 

 

総合病院、焼市立総合病院

偶然かもしれませんが「津」が同じですねー。

 

また、富野さんは一時期、千葉県の総合病院薬剤部で働いたことがおありとのことなので、千葉県の総合病院がロケに使われることもあるかも?

笹の葉薬局は実在する!

原作漫画の19話で登場する「笹の葉薬局」

薬剤師の仁科さんが作った薬局ですが…なんとモデルとなった薬局が存在します。

モデルとなっている薬局は「竹の葉薬局三鷹新川店」

笹の葉薬局(竹の葉薬局)が原作漫画に登場するシーンは4月発売予定のアンサングシンデレラ4巻に収録予定の内容なので、ドラマに入ってくるかまだ分かりませんが、ドラマに笹の葉薬局が出てくる場合、「竹の葉薬局」が登場する可能性もあるかもしれませんよ^^

 

葵たちが見学に行って、感心していた「笹の葉薬局(竹の葉薬局)」が出てきたら楽しみですね!

スポンサーリンク


アンサングシンデレラの見所

アンサングシンデレラでは、普段はスポットの当たらない薬剤師さんが中心に物語が進んでいきます。

原作漫画を読んでいて特に印象的だったのは、ひとくくりに「薬剤師さん」だと思っていたのに、「病院薬剤師」「門前薬局の薬剤師」など、勤務場所によって同じ薬剤師さんでも仕事内容や環境が全然違う事です。

そして、なんとなく薬を受け取っていることも多かったのですが、薬剤師さんの中にはお医者さんや看護師さんにないがしろにされて辛い思いをする方がいらっしゃることも知りました。

 

 

そんな縁の下の力持ち、名もなきヒーローの薬剤師さん達。

主人公の葵みどりを含めた薬剤師さんの活躍がとても面白く感動的な原作です!

ドラマ版も石原さとみさんが演じられるということで、きっと見ごたえのある作品になるでしょう^^

 

 

4月から放送予定のアンサングシンデレラ、とても楽しみですね!

スポンサーリンク


アンサングシンデレラのロケ地や撮影場所、病院はどこ?萬津総合病院のモデルはある? まとめ

アンサングシンデレラのロケ地や撮影場所、病院はどこにあるのか、萬津(よろづや)総合病院のモデルはあるのかどうかについてまとめました。

萬津(よろづや)総合病院は実在しませんが、共同で漫画を考えられている医師の方の病院が静岡の焼津市にあることから、少しは内容に関係しているのではないかと思います。

病院薬剤師の仕事を「やりがいがある」と語る富野浩充さん。

まずは地元のドラッグストアで、次に千葉県の総合病院で、最後に焼津市立総合病院に移られたそうで、そういったご経験も漫画に生きているのかもしれませんね^^

アンサングシンデレラ原作ネタバレ!1話から最終回までドラマとの違いも比較

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!