豊田正和社外取締役の経歴、学歴、顔画像をwiki風に【ゴーン被告との関係についても】

経済産業省出身の豊田正和社外取締役が、カルロス・ゴーン被告に名指しされ、ゴーン被告を追い出した5人のうちの1人だと言われていました。

社外取締役というだけでなく「経済産業省出身」ということで、どんな人物なのか気になりますね。

そこで今回は、日産の社外取締役、豊田正和社外取締役の経歴や学歴、顔画像などをwiki風に調べてまとめました。

ゴーン被告との関係についても調べましたよ!

川口均(ひとし)前副社長のwiki風の経歴、学歴、顔画像【追い出した5人のうちの1人】 今津英敏元監査役のwiki風の経歴、学歴、顔画像【ゴーン氏会見で名指し】

スポンサーリンク


カルロス・ゴーン氏に名指しされた豊田正和社外取締役と顔画像

左から二番目が豊田正和社外取締役の顔画像。

ニュース番組ではゴーン被告の昨日の会見について「法律違反して国外に出ている人の自作自演にお付き合いしている暇はありません」と辛辣な言葉を放っていました。

 

確かに法律違反を犯し、あちこちに迷惑をかけて国外に出てしまったゴーン被告。

豊田正和社外取締役の言葉「確かにな」と思ってしまいますね。

 

 

そもそもゴーン被告の例の会見が自分勝手でめちゃくちゃな内容だったため、そんな方の言葉ですから「うーん」と思ってしまいます。

豊田正和社外取締役の経歴、学歴などwiki風に【追い出した5人のうちの1人】

豊田正和社外取締役について調べてみました。

名前:豊田正和(とよだまさかず)

年齢:70歳

生年月日:1949年6月28日

出身:東京都

最終学歴:プリンストン大学 WWS行政大学院 公共経営学修士(MPA)

最終学歴はプリンストン大学

プリンストン大学といえばアメリカではかなり偏差値の高い大学で、オバマ元大統領の奥さん「ミッシェル・オバマさん」が卒業した大学です。

プリンストン大学に入学する前にも、東京大学法学部を卒業していて、かなり学歴が高いエリートの方なのが分かります。

 

大学卒業後は通称産業省に入省し、2008年には内閣官房参与も経験、キャノン電子株式会社、株式会社村田製作所な日産自動車以外の社外取締役も勤めている方です。

日産自動車の社外取締役に就任したのは、2018年6月のこと。

およそ1年半に渡って日産自動車に関わっているようですね。

 

 

他のゴーン被告に指摘された人物たちは、ゴーン被告に近い人物が多かったのですが、豊田正和さんに関しては日産自動車と深く関わってきた方ではないようです。

また、高校については分かりませんでしたが、アメリカのサイトを確認したところ「東京都出身」と記載があったため、高校も東京の学校に通ったのではないかと思われます。

かなりのエリートの方なので、高校も相当なエリート校に通ったのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、豊田自動車とは一切関係がありませんでした。

 

スポンサーリンク


豊田正和社外取締役とゴーン被告の今までの関係は?

豊田正和(とよだまさかず)社外取締役ですが、先ほどもお伝えしたようにずっと日産自動車で働いてきた方ではなく、2018年6月に日産自動車の社外取締役に就任しています。

そのため、あまりゴーン被告と深い関係にあったとは思えません。

また、日産自動車以外にも「キャノン電子株式会社」「株式会社村田製作所」の社外取締役もされていますし、今回の件でも退任等されていないことをみると、やはりゴーン被告と関係が薄かったように感じます。

スポンサーリンク


豊田正和(まさかず)社外取締役の経歴、学歴、顔画像をwiki風にまとめ

ゴーン被告に名指しされた5人のうちの1人、豊田正和社外取締役についての経歴、学歴、顔画像をwiki風にまとめました。

今まで出世ルート、エリートコースを歩んできた豊田正和社外取締役にとっては、正直もうゴーン被告とは関わりたくないという気分かもしれませんね。

ニュースで反応した様子も冷めた感じでした。

今後、また新しく何か反応をされるのかどうかも気になりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!