今津英敏元監査役のwiki風の経歴、学歴、顔画像【ゴーン氏会見で名指し】

今津英敏元監査役が、カルロス・ゴーン被告の会見で「追い出した5人のうち1人」と名指しされていました。

とはいえその情報だけでは、いったいどんな人なのか気になりますよね。

今回は、日産で元監査役を勤めた今津英敏(いまづひでとし)元監査役のwiki風の経歴、学歴、顔画像などを調べてまとめました。

川口均(ひとし)前副社長のwiki風の経歴、学歴、顔画像【追い出した5人のうちの1人】 豊田正和社外取締役の経歴、学歴、顔画像をwiki風に【ゴーン被告との関係についても】

スポンサーリンク


カルロス・ゴーン氏に名指しされた今津英敏元監査役と顔画像

今津英敏元監査役は画像の1番右が顔画像です。

逮捕関与に今津英敏元監査役が関わっていると、カルロス・ゴーン被告は会見で怒っていましたね。

そうはいっても責任の押し付けというか、何が言いたいんだろうという感じ。

ここは日本なのに、自分の国の司法の情報を出して、日本の司法を批判したりと意味不明の言動が多かった印象でした。

今津英敏元監査役のwiki風の経歴、学歴、顔画像【追い出した5人のうちの1人】

今津英敏元監査役について調べてみました。

名前:川口均(かわぐちひとし)

年齢:70歳

生年月日:1949年5月15日

出身:山口県

最終学歴:九州工業大学工学部機械工学科

今津英敏元監査役は九州工業大学工学部機械工学科を卒業した後日産自動車に入社した後は、生産技術本部車体技術部長に就任したり、イギリスの日産に出向して管理職についたりした後、日産自動車の常務や常務執行役員を経験。

なんと2007年には既に副社長を経験しているという日産の大物。

 

日産での経歴が凄いだけでなく、愛知機械工業株式会社の取締役会長だったり、日本自動車工業会理事だったりと、肩書が凄い方です。

日産の監査役については2019年06月01日に退任しています。

 

 

今津英敏元監査役の高校については分かりませんでしたが、山口県の進学校に通っていたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


今津英敏元監査役とゴーン被告の今までの関係は?

今津英敏元監査役とゴーン被告の今までの関係を調べてみると

調査チームを指揮したのは、今津英敏監査役(69)だった。

「2014年に監査役に就くまで、副社長として製造部門のトップを務めていました。社内ではゴーン派と目されていましたが、監査法人などからの指摘を受け、情報収集に動いていました」(日産社員)

BLOGOS

という記事を見つけました。

ゴーン被告の調査チームを指揮したのが今津英敏元監査役で、情報収集に以前から動いていたとのこと。

2014年までは副社長で製造部門のトップ、ゴーン被告からの信頼も厚かったと考えられるので、ゴーン被告としては2014年を過ぎても今津英敏元監査役の事はゴーン派(自分の派閥)だと思っていたのでしょうか。

しかし、今津英敏元監査役の気持ちは2014年頃には離れてしまっていたのかもしれませんね。

 

この頃から二人の関係は怪しくなっていったのでしょうか。

スポンサーリンク


今津英敏(ひでとし)元監査役のwiki風の経歴、学歴、顔画像まとめ

ゴーン被告に名指しされた5人のうちの1人、今津英敏前副社長についてのwiki風の経歴学歴、顔画像をまとめました。

今津英敏(ひでとし)元監査役は、2014年頃には既にゴーン被告から気持ちが離れていたという意見も見つけました。

今後、今津英敏さんはゴーン被告に対して何らかの対応をするのでしょうか。

まだまだゴーン被告との問題は長引きそうなので、次の展開が気になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!