岡田晴恵は実験データを不適切使用で改ざん?女王様と呼ばれていたことも!

週刊文春によって、岡田晴恵さんが実験データを不適切使用で改ざんしたり、「女王様」と呼ばれていたことが報じられました。

最近テレビに引っ張りだこな岡田晴恵さんの過去には何があったのでしょうね。

そこで、【岡田晴恵は実験データを不適切使用で改ざん?女王様と呼ばれていたことも!】ということで岡田晴恵さんの過去、実験データの不適切使用や改ざん、女王様と呼ばれていたことについてまとめました。

 

スポンサーリンク


岡田晴恵さんは実験データを改ざんしていた?

岡田晴恵さんは実験データを改ざんしたことがあると元同僚の方々は語っています。

 

『麻疹の細胞性免疫』に関する論文で、実験データの取り扱いについて問題となったとのこと。

当時の所長が生データを要求するものの、岡田晴恵さんは完全無視したとか。

 

 

所長が田代部長に論文を取り消すよう文書を送ったそうですが、岡田晴恵さんの上司、田代部長が溺愛していたため、うやむやになったようですよ。

また、パワハラを行っていたため部員もデータを渡さなかったのだとか。

 

実際に実験をしていた補助員の方は、所長に実験ノートを提出するように言われても拒み、「岡田さんが怖くてできなかった」と後で漏らしたのだそうです。

 

 

また、岡田晴恵さんが2009年に感染研を退職した時にもひと騒ぎがあったとのこと。

前述の田代さんが新設のインフルエンザセンターのセンター長就任が決まり、岡田晴恵さんを室長に採用しようとしたそうです。

それに対しては室長たちが反対して叶わず、すると岡田さんが「やめます」とマジックで書いたFAXを感染研の事務所に送り付けたんだそうです。

 

なかなか凄い経歴をお持ちですね…。

スポンサーリンク


岡田晴恵さんは女王様と呼ばれていた?

先ほどもお伝えしたように、岡田晴恵さんは感染研では「女王様」と陰で呼ばれて恐れられていたそうです。

理由は、田代部長に可愛がられ、一部では「不倫関係にあるのでは」と言われるほどだった岡田晴恵さん。

 

「部長は私には逆らえません」と公言するほど、感染研ではやりたい放題だったそうです。

それでパワハラもあったということですかね…。

 

1人の方ではなく、感染研の数人の元同僚の方が週刊文春で証言しているとのこと。

最近テレビで目立ち過ぎたため、そして感染研OBについての不満も漏らしたりしていたので感染研の元同僚が週刊文春に色々と漏らしてしまったのかもしれません…もしそうなら自業自得でしょうか。

スポンサーリンク


岡田晴恵は実験データを不適切使用で改ざん?女王様と呼ばれていたことも!まとめ

【岡田晴恵は実験データを不適切使用で改ざん?女王様と呼ばれていたことも!】ということでまとめました。

岡田晴恵さんは最近見ない日は無い感じで、ズバズバと物を言うのでわりと人気がありましたが、このズバズバを感染研内でも行っていたというわけですね…。

しかも後ろ盾には不倫相手?と感染研で噂されていた田代さんが居たということで、なかなかやり放題だったのかなと思いました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!