岡田晴恵の出身や大学など学歴、評判について!感染研時代の経歴もまとめ

新型コロナウイルス関連のニュースに登場するようになった白鴎大学の岡田晴恵教授。

結構ビックリするような内容のご発言も多いので、評判や出身大学、偏差値、経歴など気になりますよね。

そこで今回は【岡田晴恵の出身や大学など学歴、評判について!感染研時代の経歴もまとめ】ということで、岡田晴恵教授の出身や評判、大学や偏差値、経歴などをまとめてみました。

スポンサーリンク


岡田晴恵の出身、大学や偏差値など学歴

まずは岡田晴恵教授の出身、簡単なプロフィール、出身大学や偏差値など学歴をご紹介します。

名前 岡田晴恵
出身 埼玉県
生年月日 1963年
大学 千葉工業大学工学部(応用化学専攻)
大学院 共立薬科大学薬学研究科修士課程修了
大学院 順天堂大学大学院医学研究科博士課程中退

最近コロナウイルス関連でテレビに引っ張りだこの岡田晴恵さん。

岡田晴恵さんの出身は埼玉県です。

 

学歴については、岡田晴恵さんは千葉工業大学工学部(応用化学専攻)出身。

同大学の大学院に進んだあと、順天堂大学大学院医学研究科に進まれていますが、博士課程で中退されています。

 

順天堂大学大学院の博士課程では、エイズを研究したそうです。

その後は順天堂大学大学院を中退し、1990年代後半に感染研のウイルス第一部の実験補助員に採用されたそうですよ。

 

また、白鴎大学で講師もされています。

スポンサーリンク


岡田晴恵の白鴎大学での経歴

白鴎大学での岡田晴恵さんの経歴を調べてみると

  • 白鴎大学教育学部教授
  • 専門は感染免疫学、ワクチン学

ということで、感染症についての知識もある方のようです。

 

また、著書に

  • 感染症とたたかった科学者たち
  • 強毒型インフルエンザ
  • なぜ感染症が人類最大の敵なのか?

など感染症に関する書籍が複数ありました。

 

更に、この白鴎大学でお仕事をされる前は

『厚生労働省国立感染症研究所ウイルス第三部研究員』

だったとの経歴を見つけました。

 

国立感染研究所の研究員の方だったのなら、新型コロナウイルス関連のニュースによく出られているのも納得ですね。

感研の公式ホームページを見てみると、ウイルス第三部の研究員の方々は

  • 麻しんウイルス
  • 風しんウイルス
  • ムンプスウイルス
  • RSウイルス
  • MERSコロナウイルス

等について研究していると書かれており、

「MERSコロナウイルス」とあるのでまさに新型コロナウイルスの解説にはピッタリの方ですね。

スポンサーリンク


岡田晴恵の評判は?

岡田晴恵教授は、大学で

  • 生物学A、B
  • 教養特講(病と癒しの人間史)
  • 専門特講(学校感染症の対処法)
  • ゼミナール
  • 卒業研究

の授業を行っているとのこと。

 

学生さんの評判などあるかなと思いましたが、特に評判や口コミなどは見つかりませんでした。

悪い口コミが無いという事は、生徒さんから評判が悪いということは無さそうですね。

 

ネットでは最近のテレビでの岡田晴恵教授の意見について賛否両論のようです。

  • またおかしなことを言っている
  • ちょっと変で信じられない
  • 政治家に言わされたのでは?

といった否定的な意見や

  • よく言ってくれた
  • これで岡田晴恵教授がテレビに出なくなったら…そういうことだ
  • テレビでスタジオがシーンとなったから、ガチだと思う

のような評判がありました。

 

テレビの露出が増えたことで、賛否両方の評判があるようですね。

スポンサーリンク


岡田晴恵の出身や大学など学歴、評判について!感染研時代の経歴もまとめ

【岡田晴恵の出身や大学など学歴、評判について!感染研時代の経歴もまとめ】ということでまとめました。

PCR検査については感染研のOBの方について批判的な意見を述べられていましたが、なんと最近は過去に不倫していたということが文春で報じられたりもしていますね。

 

いったい岡田晴恵さんはどんな人物なのでしょうか。

なかなか謎が深まるばかりです。

スポンサーリンク


3 COMMENTS

まさ

教授ではなく、寄付講座の勅特任教授です。特定のスポンサーと繋がったレベルの低い先生です。特任教授なんて誰でもなれます。感染学の研究者ではないですね。
だから、感染研も辞めたのでしょう。

返信する
のりこ

最近は頻繁にTVでお見かけしますね。
ふと、貴花田の騒動のときの花田典子さんを思い出してしまいました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!