やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?評判を徹底比較!

やっぱりステーキが都内に5月進出と話題になっていますが、「やっぱりステーキ」という名前を聞いて「いきなりステーキ」が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

私も「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の違いは?同じ会社?と疑問を持ちました。

そこで【やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?評判を徹底比較!】ということでまとめてみます^^

スポンサーリンク


やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?

「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の違いを紹介します!

「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の会社を比較

やっぱりステーキ いきなりステーキ
運営会社 株式会社ディーズプランニング 株式会社ペッパーフードサービス
社長 義元大蔵 一瀬邦夫
1店舗目の開店 2015年2月(那覇市松山) 2013年12月(銀座4丁目)

まずは運営会社を比較!

「いきなりステーキ」の株式会社ペッパーフードサービスは、「ペッパーランチ」「かつき亭」など、他にもレストランを運営しています。

 

「やっぱりステーキ」の運営会社、株式会社ディーズプランニングは「やっぱりステーキ」の運営の他には「やっぱり食べほ」「やっぱりらぶ唐」を運営していますがチェーン店ではなく沖縄に1店舗ずつのようですよ!

 

つまり今のところほぼステーキに特化した会社ですね!

 

1店舗目の開店場所を見てみると、「やっぱりステーキ」は沖縄の那覇市松山、「いきなりステーキ」は東京都銀座4丁目となっています。

「やっぱりステーキ」は沖縄発祥で、沖縄から広がっていったお店なんですよ^^

「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の構想を比較

「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の構想や特徴を比較しました。

 

「やっぱりステーキ」は、気軽に食べられる美味しさを売りに師弟て、1人でも女性でも学生でもサラリーマンでも来店しやすいコンセプトになっています。

 

それに対して、「いきなりステーキ」はステーキを低価格で提供するというのが当初の構想でした。

「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の特徴を比較

次に「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の特徴を比較してみました!

やっぱりステーキの特徴

やっぱりステーキの特徴は以下の通りです。

  • 「替え肉」というお肉をお替り出来るシステムがある
  • 「ミスジ肉」の部位を使用している
  • ひとりでも来店しやすい雰囲気
  • セットのご飯、スープ、サラダは食べ放題
  • お肉は米国産

 

「替え肉」というお肉のお替わりシステムがある「やっぱりステーキ」。

「もう少し食べたいな」と思った時に、お替りが出来るのは良いですね^^

 

店内は落ち着いた雰囲気で、「ふらっと寄れる」ような雰囲気です。

 

また、メニューが1000円からあるので気軽に食べれるなぁと感じました。

ステーキが食べられてご飯とスープ、サラダが食べ放題って超お得ですよね!

スポンサーリンク


いきなりステーキの特徴

  • グラム単位の量り売りで、目の前でオーダーカット
  • 立ち食いスタイル
  • 「肉マイレージカード」で食べた肉量(g)に応じてポイントが貯められる
  • お肉は米国産

 

「いきなりステーキ」といえば立ち食いと、オーダーカットのイメージがありますよね!

更に、「肉マイレージカード」というメンバーカードがあり、食べた肉量(g)に応じてポイントを貯める事が出来る独自システムもあります^^

 

好調だった時には海外にも店舗を増やして有名になりましたね。

 

いきなりステーキのメニューは200gからなので、お値段は安いお肉でも1320円から(ミドルリブステーキ)となっています。

「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の値段の違いは?

「やっぱりステーキ」と「いきなりステーキ」の値段の違いを調べてみました。

 

「やっぱりステーキ」では一番安いメニューが「やっぱりステーキ 180g」で1000円なのにたいして、「いきなりステーキ」では一番安いメニューが「ミドルリブステーキ」の1320円。

 

「やっぱりステーキ」は学生さんも気軽に立ち寄れるお店を目指しているとのことですが、学生の方だと1000円と1320円の差は結構あるのかなと思います。

 

例えばヒレステーキのお値段を比較しても

  • ヒレステーキ300g(やっぱりステーキ) 2480円
  • ヒレステーキ300定量カット(いきなりステーキ) 2700円

と少し「やっぱりステーキ」の方がお手軽感がある感じですね。

(お肉の質などの比較は出来ないので、正確な比較は出来ませんが)

 

ご飯とスープ、サラダが食べ放題で、着席スタイルなのでゆっくり食べたい方は「やっぱりステーキ」で、立ち食いスタイルでガツガツ大きなお肉を食べたい方は「いきなりステーキ」なのかなと思いました。

スポンサーリンク


やっぱりステーキの評判

いきなりステーキの「パクリ」という言葉も以前はよく聞きましたが、お店が増えるにつれ良い評判が増えているようですね^^

やはりご飯やスープ、サラダなどセットメニューの食べ放題が評判が良いようです。

スポンサーリンク


やっぱりステーキのメニューと価格

気になる「やっぱりステーキ」のメニューと価格を調べてみました。

※ステーキのメニューは全て「スープ、サラダ、ご飯SET」です。

メニュー 価格
やっぱりステーキ 180g 1,000円
やっぱりステーキ 270g 1,480円
やっぱりステーキ 360g 1,980円
やっぱりステーキ 肉のおかわり 替え肉 90g 500円
赤身ステーキ 200g 1,000円
赤身ステーキ300g 1,480円
赤身ステーキ400g 1,980円
替え肉100g 500円
イチボステーキ150g 1000円
替え肉100g 600円
ミックスカットステーキ200g 1000円
上ミスジステーキ150g 1280円
上ミスジステーキ225g 1780円
上ミスジステーキ300g 2280円
上ミスジステーキ替え肉100g 600円
ヒレステーキ150g 1480円
ヒレステーキ225g 1980円
ヒレステーキ300g 2480円
ヒレステーキ替え肉100g 700円
サーロインステーキ200g 1680円
サーロインステーキ400g 2980円
サーロインステーキ替え肉100g 750円
Tボーンステーキ 3480円
Lボーンステーキ 2980円
にんにくステーキ飯 スープサラダセット 850円
にんにくステーキ飯 単品 650円
にんにくステーキ飯 トッピング 350円
ハンバーグステーキ 1000円
煮込みハンバーグ 1280円
  • Tボーンステーキ
  • Lボーンステーキ
  • にんにくステーキ飯

については沖縄店舗限定で、更に数量限定のレアメニューなんだそうです。

沖縄に行ったら食べてみたいですね^^

 

セットのご飯やサラダ、スープは食べ放題です。

スポンサーリンク


やっぱりステーキの沖縄以外の店舗の場所はどこ?

やっぱりステーキの店舗の場所は以下の通りです。

沖縄にはたくさんお店があるので、沖縄県以外のお店を紹介しますね!

  • 久屋大通店(愛知県名古屋市)
  • 西新店(福岡県福岡市)
  • イオンタウン各務原鵜沼店(岐阜県各務原市)
  • イオンタウン四日市泊店(三重県四日市市)
  • 沼津店(静岡県沼津市)
  • 松阪店(三重県松阪市)

まだ沖縄以外だと6店舗しかなく、東海エリアが中心のようですね。

5月には東京進出ということで関東で食べられる日もすぐそこのようです!

スポンサーリンク


やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?評判を徹底比較!まとめ

【やっぱりステーキといきなりステーキの違いは?評判を徹底比較!】ということでまとめてみました。

5月に東京進出予定の「やっぱりステーキ」。

現在は沖縄県以外だと「福岡」「岐阜」「三重」「静岡」「三重」と東海エリアが中心で、福岡に1店舗あるだけのようです。

今後東京に進出して、店舗数を伸ばせるか楽しみですね^^

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!