3月10日ワームムーンの意味は?満月の日は地震が来るのは本当?

3月10日は満月で、ワームムーン。

3月10日ワームムーンの意味をまとめました。

また、満月の日は地震が来るという噂がありますが、本当でしょうか。

【3月10日ワームムーンの意味は?満月の日は地震が来るのは本当?】ということでまとめてみました。

スポンサーリンク


3月10日ワームムーンの意味は?

3月10日は満月、【ワームムーン】です。

ワームムーンの意味は「Worm(虫)」の月。

ちょうど雪解けの時期に虫が這って回った跡が名前の由来なんだそうです。

 

今年3月10日の満月は朝の3時頃なのですが、雨の地域が多くて見られる場所が少ないと言われていました。

そうはいっても場所によっては撮影がされているようですね^^

雨雲に少し隠れた満月も綺麗で良いなぁと思いました!

スポンサーリンク


満月の日は地震が来るのは本当?

満月の度に言われるのが「地震が来るのでは?」ということ。

満月になると出産が増えるとか、地震が来るとか、色々な噂がありますよね。

 

今回の3月10日のワームムーンでも、地震が起きたりするのでしょうか?

やはり満月前だと地震が来るかもとつぶやいている方が多くいらっしゃいますね。

過去の満月と地震との関係を調べてみると…。

 

2018年のスーパームーンが1月2日、1月10日にホンジュラスで地震があったそうですが、日本からはかなり遠いですね。

2017年の12月4日の満月の後は、2週間後にニューカレドニアで地震があったとか。

 

ここまで聞くと「地震と満月関係無いじゃん」という感じですが、2016年のスーパームーンの8日後に福島県沖で震度5弱の地震が起きたことがあります。

 

関係あるかないかは分かりませんが、満月の度に少し地震の事を思い出して警戒するのは良い事かもしれませんね。

最近コロナウイルスでニュースがもちっきりですが、来ると言われている南海トラフや首都直下型もまだ起きていませんし、地震も気を付けないとなと思いました。

3月10日ワームムーンの意味は?満月の日は地震が来るのは本当? まとめ

【3月10日ワームムーンの意味は?満月の日は地震が来るのは本当?】ということでまとめてみました。

ワームムーンという名前を聞いた時は、毛布にくるまった可愛い虫を想像したんですけど、虫が這う跡…と聞いて少しだけゾクッとしました。

満月と地震の関係はまだ明らかになっていませんが、地震の警戒も常にしておきたいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!