和牛商品券はデマ?ソースは?金券ショップで売れるの?ネットの反応も!

牛肉振興のために和牛商品券が配られるという情報について、デマなのでは、ソースは?と話題になっています。

また、アレルギーがったり和牛がいらない場合は「金券ショップで売れるの?」といった疑問の声も。

【和牛商品券はデマ?ソースは?金券ショップで売れるの?ネットの反応も!】ということで、この件についてまとめてみました。

スポンサーリンク


和牛商品券はデマ?ソースは?

新型コロナウイルの経済対策として、牛肉振興の一環で「お肉券(和牛商品券)」が配られることになるかもしれないと話題になりました。

突然の出来事と内容に、ネットでは思わず「デマ?」「ソースは?」と話題になっています。

 

このニュースですが、実際に自民党内で浮上しているそうで、各新聞社などの記事にもなっているんですよね…。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済対策として、国産牛肉の購入に使える「お肉券」(仮称)を配布する構想が自民党内で浮上していることが25日分かった。訪日外国人客の激減などで需要が低迷する和牛の消費喚起が狙い。

ただ、日本全体に逆風が吹き付ける中、牛肉に特化した振興策には異論も予想され、実現するかは不透明だ。

JIJI.COM

スーパーなど小売店で使える商品券だそうで、和牛など国産牛のみが対象となる予定。

党内でも賛否が分かれていて、商品券の利用期間を3ヶ月だけにしたり、子供のいる家庭だけにするという意見もあるのだとか。

 

目的は、畜産農家が廃業に追い込まれるのを防ぐためのようです。

スポンサーリンク


和牛商品券は金券ショップで売れる?

この和牛商品券については「金券ショップで売れる?」「金券ショップで売ったら何割かな?」と、仮に配られた場合に現金に換金出来るのかどうかも話題となっています。

まだ詳細は決まっていませんが、もしも利用期間が3ヶ月間のように限定された場合、普通の商品券などに比べて価格が安くなってしまいそうですね。

 

そもそもが「和牛限定」となると、商品券より価値が低くなると思います。

 

そうはいっても、ネットでは「牛肉が食べられない人はどうする?」といった意見もあり、本当に牛肉がいらない場合は割合が低くなるとしても金券ショップで売りたいという人がいるかもしれませんね!

 

今のところ金券ショップに「お肉券」があるか調べてみた所…。

和牛というくくりのない、ただのお肉のギフト券が金券ショップで60%前後で売られていました。

これが「和牛」で「期間指定」となると、もしかすると50%近くなってしまうかもしれないですね…。

スポンサーリンク


和牛商品券(牛肉振興)についてネットで話題に

スポンサーリンク


和牛商品券はデマ?ソースは?金券ショップで売れるの?ネットの反応も!まとめ

【和牛商品券はデマ?ソースは?金券ショップで売れるの?ネットの反応も!】ということでまとめました。

和牛商品券はデマではないみたいですね…。

金券ショップで売る場合は、今ある牛肉の商品券のように現金化した時の割合は低くなりそうです。

あれこれと案が出る度に非難が集まっていますね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!