麒麟がくる竹千代「子役」 岩田琉聖くんが可愛い!wikiプロフ経歴や、ランドセルCMについても

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」に出演する子役、岩田琉聖君が可愛い!と話題です。

大河ドラマと言うと難しい役どころばかりというイメージですが、岩田琉聖君が演じる役柄はどのようなものなのでしょうか?

調べてみると岩田琉聖君は、麒麟がくる以前にもたくさんのドラマやCMに出演していたんです!

今回は、数多く活躍する子役の中でも岩田琉聖君にスポットを当て、プロフィールや過去の出演作・麒麟がくるでの役柄を解説します!

スポンサーリンク


岩田琉聖のプロフィール

  • 生年月日 2010年9月7日
  • 年齢 9歳
  • 身長 123cm
  • 特技 サッカー・英語
  • 趣味 絵を描くこと、亀のお世話、料理のお手伝い、自転車
  • 好きな食べ物 納豆・おくら・まぐろ・アイス
  • 所属事務所 キャロット

 

しっかりしたお顔立ちだけど、まだ9歳なんですね~。

お目目がパッチリしていて、すでにイケメン君なので将来がとても楽しみです!

 

 

気になったのが特技にある「英語」です。

調べたところ、岩田琉聖君は習い事で英語とサッカーをやっているようです。

最近は幼児期から英語を習うお子さんが増えてますしね。

小学校で英語教育が導入される、という事も影響してるんでしょうか・・。

 

 

イケメンで英語も得意!となると学校でもモテそうだ!

あと、好きな食べ物が何とも可愛らしいです。

納豆やアイスは好きなお子さん多いけど、おくらが好きっていうのが可愛すぎる!

 

余談ですが、我が子は野菜が嫌いなのでモリモリ野菜を食べてくれるのが羨ましいです・・。

スポンサーリンク


岩田琉聖の経歴

さっそく石田琉聖君の経歴も見ていきましょう!

岩田琉聖君が出演した映画・ドラマ

  • 2017年映画「ジョジョの奇妙な冒険」虹村億泰の幼少時代
  • 2017年映画「泥棒役者」主人公 大貫はじめの幼少時代
  • 2018年ドラマ「東野圭吾作品 手紙」主人公 直貴の幼少時代
  • 2019年ドラマ「僕らは奇跡でできている」主人公 相河一輝の幼少時代
  • 2019年ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」第1話

 

岩田琉聖君が実写版「ジョジョ」に出演していたとは!

ジョジョは原作の漫画も非常にファンが多いことでも有名で、映画も大ヒットしましたね。

 

ストーリーが面白いことはもちろんですが、実写で注目されたのは出演している俳優がイケメン揃いということでした。

山崎賢人さんや岡田将生さん、神木隆之介さんなどが主なキャストで、彼らを見ているだけでも癒される・・(笑)

岩田琉聖君は新田真剣佑さん演じる虹村億泰の幼少期で出演していました。

 

 

新田真剣佑さんの綺麗な目と、岩田琉聖君のパッチリお目目が通じるところがありますし、ナイスなキャスティング!

同じく2017年公開の「泥棒役者」ではジャニーズの丸山隆平さん演じる主人公の幼少期を演じました。

SNS上では、「あの子可愛い!」とちょっとした話題になっていました。

 

 

ドラマでも主要キャストの幼少期を演じることが多い岩田琉聖君。

2018年の「手紙」ではジャニーズの亀梨和也さん演じる武島直貴の幼少期を演じました。

またまたイケメンの幼少期を演じているのがすごい!

 

 

2019年の「僕らは奇跡でできている」では高橋一生さん演じる相河一輝の幼少期を演じました。

普段はストレートの髪質の岩田琉聖君ですが、このドラマ放映時はフワフワ頭にしていたのが印象的でした。

イケメンはどんな髪型でも似合うんですよね~。

岩田琉聖君は物語の主要キャスト、しかもイケメンの幼少期を演じることが多いということですね。

 

 

2019年の「イノセンス」では第1話のみの出演でしたが、難しい役どころでも存分に存在感を発揮していました。

お顔が可愛いだけではなく、演技力にも確かなものがある!ということですね。

スポンサーリンク


「かるすぽランドセル」などCMでも活躍

石田琉聖君はCMでも人気です!

岩田琉聖君が出演したスチール・CM

  • 2017年スチール「AEON 七五三」POPモデル
  • 2017年スチール「小学館 小学1年生」2017年専属モデル
  • 2017年スチール「ビバリー ドキドキシャーク」パッケージモデル
  • 2017年CM「ジョンソン スクラビングバブル トイレスタンプクリーナー」
  • 2019年CM「AEON かるすぽランドセル」

岩田琉聖君の場合、スチールに起用されていることも多いですね。

いわゆる企業ポスターのモデルさんということですね。

イケメンの岩田琉聖君が、七五三のモデルさんなんかやったら着物も売れそうですよね!

 

すごいなと思ったのは小学1年生の専属モデルを務めていたことです。

昔からある有名な雑誌ですし、1年間専属モデルが出来るってなかなか無いことだと思うんですよね。

多くの子役の中でも、岩田琉聖君に光るものがあるという証拠ですね!

 

 

そして、ここ数年で1番注目されたのは、ランドセルのCMではないでしょうか。

ランドセルのCMって子役が活躍する登竜門とも言われているんですよ。

確かに、ランドセルCMに出演している子役のお子さんたちみんな可愛いですもんね。

 

 

岩田琉聖君は、かるすぽランドセルのCMに1年間も出演しています。

CMで見せる可愛らしいダンスが印象的なので、まだ見たことがない方は要チェック!

スポンサーリンク


麒麟がくる竹千代「子役」の岩田琉聖の演技力は?

映画やドラマに定期的に出演している岩田琉聖君ですが、気になる演技力はどうなのでしょうか。

SNS上でのみんなの声はと言うと・・

現在のところ、ドラマや映画よりもCM・スチールのほうが出演数が多いからか演技力より「可愛い!」という声が多いようです。

けど、中には背中で寂しさを表現した演技を評価する声もありました。

まだ9歳ですし、これから演技力もぐんぐん伸びていく時期なんでしょうね。

これからのお芝居に期待したいです!

スポンサーリンク


岩田琉聖の麒麟がくるでの役柄

現在までに主要キャストの幼少時代を数度演じてきた岩田琉聖君ですが、「麒麟がくる」ではどんな役柄なのでしょうか。

まずは「麒麟がくる」のあらすじを簡単にご紹介します。

 

 

描かれるのは、1540年あたりの戦国時代。

現在の岐阜県南部にあたる美濃国の国主となった斎藤道三(本木雅弘さん)。

 

 

勇敢な性格・類まれなる知識を道三に買われ、彼に仕えることとなったのが明智光秀(長谷川博己さん)でした。

しかし、そんな時間も長くは続かず、道三が討たれると光秀も次なる主君に仕えることになります。

 

 

激しい争いが続く戦国時代を生き抜いた明智光秀。

彼が何を考え、どのように生きどんな人々と出会ったのか。

「麒麟がくる」は、明智光秀という1人の青年の人生を細かく描いていく物語です。

 

 

明智光秀を語るにあたって欠かせない人物と言えば、織田信長や徳川家康ですね。

今回岩田琉聖君が演じるのは、この徳川家康の幼少期「竹千代」役なんです。

徳川家康という人物も波瀾万丈な人生を送っていることで有名ですよね。

 

 

徳川家康は、桶狭間の戦い後に「家康」と名乗るまで、「竹千代」として激しい戦いに巻き込まれた人生でした。

「麒麟がくる」の主人公は明智光秀なので、竹千代にどこまでフォーカスしてくれるか分からないです。

 

 

ただ、大きな事柄が起きた時代ではあるので、岩田琉聖君が重要な役どころなのは間違いないですね!

ちなみに徳川家康役は風間俊介さんが演じます。

凛とした強さを持った竹千代を岩田琉聖君がどのように演じるのか、毎週観るのが楽しみです!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!