日焼け止めのにおい(匂い)が臭い原因と対策!苦手な方はどうする?

日焼け止めのニオイがいつまでたっても慣れない。

洗っても手にニオイが残る気がする…。

 

日焼け止めが臭いと、ニオイについて不快に思っている方も多いのではないでしょうか。

 

私も日焼け止めのニオイは臭いと感じてしまって苦手です。

他の人が付けているのは、とても気になるという感じではないのですが、自分が付ける時のニオイが特に…苦手ですね。

 

そこで日焼け止めのニオイが苦手な時の対策についてまとめました!

noUV Care White

日焼け止めのにおい(匂い)が臭い原因

日焼け止めの匂いが臭い原因は「日焼け止め成分(紫外線防止の成分)」です。

日焼け止めにSPFの表示があると思いますが、こちらの数値が高い物だと匂いの臭さも強い傾向に…。

 

日焼け止めは以下のように2つの成分で出来ています。

  • 紫外線散乱剤(紫外線を吸収して肌を守る)
  • 紫外線吸収剤(紫外線んおエネルギーを吸収する)

だいたいSPF30以上の商品には、両方が使用されている事が多いんです。

 

オーガニックな日焼け止めや子供向けの日焼け止めについては薬草の成分のみの日焼け止めもありますが、その場合は薬草などの匂いがするケースもあります。

日焼け止めが特徴的な匂いがするのは、SPFに関わる成分が原因でした。

noUV Care White

日焼け止めの匂いが臭い場合の対策

日焼け止めのにおいが臭い場合の対策はどうしたら良いのでしょうか。

原因から考えると、以下のような対策がありますよね。

  • SPFがなるべく低い数値の日焼け止めを利用する
  • オーガニックな日焼け止めを利用する
  • クリーム系の化粧品に近い匂いを配合した日焼け止めを利用する

どうしても日焼け止めのニオイが気になる場合は、なるべくSPFが低めの日焼け止めを利用するのが良いでしょう。

SPFが低い日焼け止めは「日焼け」が心配

SPFが低い日焼け止めは「日焼け」が心配ですよね。

放置していたらシミになってしまうかも…。

そうはいってもSPFが低い日焼け止めも、こまめに塗り直せば大丈夫!

少し面倒ですが、SPFの数値が低い日焼け止めを何回かに分けて塗り直すのが良いでしょう。

noUV Care White

日焼け止めの匂いが無理なら飲む日焼け止めという選択肢も

日焼け止めの匂いが臭くて無理なら飲む日焼け止めという選択肢もあります。

私自身、敏感肌なのと、あまりにも日焼け止めの匂いの臭いのがイヤで「飲む日焼け止め」を使っているんですよね♪

 

飲む日焼け止めのメリットは…。

  • 日焼け止めを塗らなくても日焼け止めの効果を得る事が出来る
  • 美肌成分も含まれていて嬉しい
  • 実はオーガニック成分をしようしている

飲む日焼け止めって「飲むからなんだか怖い」そう思って先入観で全く手を出していなかったんです。

それが…「シダ植物」など植物由来の成分などで出来ていることを知って、一昨年はじめて購入してみました。

 

敏感肌で日焼け止めのにおいも苦手だった私ですが、飲む日焼け止めは毎朝飲むだけなので楽に使うことが出来ましたよ♪

どうしても日焼け止めの匂いが嫌、SPFが低い物も不安という方は試す価値ありです。

⇒飲む日焼け止めの市販品の口コミおすすめランキングを見てみる

noUV Care White

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!