小滝ちひろtwitter削除?wikiプロフィールや経歴も!コロナ発言で大炎上?

小滝ちひろさんがコロナ発言で大炎上、twitterを削除してしまったようですね。

問題のあったtweetがあっという間に広まってしまった小滝ちひろさん。

その後、もう既に拡散されてしまったのにTwitter削除を行った事でよけに炎上している部分もあるようです。

そこで【小滝ちひろtwitter削除?wikiプロフィールや経歴も!コロナ発言で大炎上?】ということでまとめました。

スポンサーリンク


小滝ちひろがtwitterでのコロナ発言で大炎上

小滝ちひろさん(朝日新聞)がツイートの内容で大炎上していました。

 

内容はこちらです。

 

「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ律く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かも知れない。」

 

この発言は『五輪景気への期待、「延期」発言で吹っ飛ぶ 世界株安:朝日新聞デジタル』という朝日新聞の記事を紹介しながらの

ツイートでした。

 

コロナウイルスによって困っている人もいるのに「コロナウイルスは痛快」という発言。

これは大炎上しても仕方ないのかもしれません。

 

炎上したことにより、朝日新聞は以下のようなツイートを掲載しました。

 

朝日新聞記者の小滝ちひろ編集委員が13日、ツイッターに不適切な投稿をしました。

本社は、報道姿勢と相容れない行為だったと重く受け止め、専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」を取り消しました。本人が説明やおわびなしにアカウントを削除したことも不適切でした。

深くおわびします。

投稿は「(略)戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ律く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かも知れない。」というものでした。

ウイルスの威力の大きさを表そうとしたようですが、「痛快」という表現は著しく不適切で、感染した方や亡くなった方々のご遺族をはじめ多くの皆様に不快な思いをさせるものでした。本人は過ちを認めて「心からおわびします。深く反省しています」と述べています。

https://twitter.com/asahi_koho/status/1238671062289670144

「ソーシャルメディア記者」を取り消されたという小滝ちひろさんですが、未だにネットでは炎上が続いています。

スポンサーリンク


小滝ちひろがwikiプロフィール経歴

小滝ちひろさんのwikiプロフィール経歴です!

 

まず消えたTwitterには以下のような掲載がありました(プロフィールです)

 朝日新聞編集委員(社寺・文化財担当)。趣味は空手(新極真会初段)。57歳のじいさん予備軍です。興福寺迦楼羅・非公式応援大使も仰せつかっています。. 大阪市.

twitterより

名前 小滝ちひろ
生年月日 1962年
出身地 福島県
大学 上智大学文学部
所属  編集委員(大阪)
その他 興福寺迦楼羅・非公式応援大使

お寺に詳しいそうで、朝日新聞では奈良の担当を長年行っているそうです。

広島・呉支局員、奈良・橿原通信局長、松山・高松両支局デスクなどを経て2006年から編集委員になられたとのこと。

 

朝日新聞ジャーナリスト学校で講師をされているようで、講師のページにプロフィールが掲載されていましたので引用させて頂きました。

 

 

小滝ちひろさんの最終学歴は上智大学文学部。

文章を学んできた方なのに、「ウイルスの威力の大きさを表そうとして『コロナウイルスは痛快』」はどうなんだろうと思ってしまいますね。

スポンサーリンク


小滝ちひろさんのコロナ発言についてのネットの反応

スポンサーリンク


小滝ちひろは過去にも炎上経験あり?

小滝ちひろさんは過去にも炎上経験があるようです。

ちなみにその時もあとで削除して「不快な思いをされた方々にお詫びします」とコメントを残しています。

 

今回が初めてではないということで、ネットでは「なんで過去に問題発言をした時に朝日新聞が問題にしなかったのか」「お詫びして懲りていないの」「しっかり本人が謝罪して欲しい」などといった言葉がありました。

 

Twitterのアカウントを消してしまったことで「逃げた」と表現しているかたもいらっしゃいますね。

「ソーシャルメディア記者」を取り消されたということなので、Twitterでお目にかかることはもうないかもしれません。

小滝ちひろtwitter削除?wikiプロフィールや経歴も!コロナ発言で大炎上?まとめ

【小滝ちひろtwitter削除?wikiプロフィールや経歴も!コロナ発言で大炎上?】ということでまとめました。

コロナ発言以前に、2017年にも問題発言していますし、元々批判が多くあったようですね。

今回は新型コロナウイルスで困っていらっしゃる方が多くいらっしゃるのに「痛快」と表現。

文学部をご卒業とのことですし、もっと言葉選びが出来なかったのかなと思ってしまいますね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!