家政夫のナギサさん3巻ネタバレあらすじや感想!母のぬくもり

ドラマ『私の家政夫ナギサさん』の原作漫画、『家政夫のナギサさん』の3巻ネタバレあらすじや感想です。

『家政夫のナギサさん』の3巻では、メイのお母さんとメイの関係について描かれています!

前の巻ではちょっと修羅場な内容になっていましたが、3巻ではどうなるでしょうか。

それでは【家政夫のナギサさん3巻ネタバレあらすじや感想!母のぬくもり】ということで家政婦のナギサさんの3巻ネタバレをしていきますね!

スポンサーリンク


家政夫のナギサさん3巻ネタバレとあらすじ

家政夫のナギサさん3巻ネタバレとあらすじです。

 

どなたでしたかしら?

ギョッとするメイに家政夫のナギサさんの事を尋ねるメイの母。

メイは凍り付いてしまします。

 

そんな状態の中で、メイの母に自分について語るナギサさん。

妹ユイと同じ職場という話を聞いて、「ハウスキーピング」をしているという妹を見下すような顔をする母。

 

更に、ナギサさんについても男なのに家政夫をしていることに対してメイの母は「もったいない」などと言いたい放題。

以前はナギサさんに似たような事を言っていたメイですが、母の失礼な言葉の数々に我慢できないような様子です。

頑張らなきゃ

母に成績が落ちたことはいえず、頑張らなきゃと遅くまで勉強をするメイ。

母親がいることでナギサさんは帰っていきました。

 

どうしても成績「5位」が頭から離れないメイ。

必死で勉強をはじめます。

発熱

急な熱で倒れるメイ。

そんなメイを見て、仕事に行けるかどうかを気にする母。

 

そこへナギサさんから電話がかかり、母はナギサさんにメイのことを相談します。

 

ナギサさんがメイのことを心配しても、「貴方も自分の仕事があるでしょうに」と受け入れない母。

痺れを切らしたナギサさんは大慌てでメイの家へ。

 

血液検査の結果、特に異常は無かったメイ。

家に帰って2人に布団に寝かされます。

母のぬくもり

何も出来ないからと帰ろうとするメイの母親を呼び止めるナギサさん。

自分の方が家事スキルはあるものの、メイに必要なのは母親だと伝える。

 

そんなナギサさんに、何も出来ないというメイの母。

ナギサさんは雑炊を一緒に作ってから帰宅しました。

 

そして雑炊を食べるメイ。

味はお母さんの味付けで(笑)ちょっと微妙な感じでした…。

が、母の愛を感じたのか、今までで一番美味しいというメイ。

 

そして幼稚園時代に、お腹が痛くてもすぐ治るから幼稚園へ行けと言っていた母

メイは会社に行こうとするものの…

 

なんと母親が照れ臭そうに、会社を休むように言います。

しかも、お母さんが看病してくれると!

 

メイはとっても嬉しそうな表情を見せて

その後、ナギサさんにお礼のメールをしました!

(同じように母親までメールしていて面白かったです、似たもの親子^^)

スポンサーリンク


家政夫のナギサさん3巻感想

家政婦のナギサさん漫画の3巻の感想です^^

 

うわぁ、メイちゃん良かった!

やっとお母さんに子供の頃にして欲しかったことをしてもらったというか…なんというか…嬉しかっただろうなぁ、美味しかっただろうなぁ雑炊。

 

私も実は同じ経験があるんですよね(苦笑)

小さい頃は母は忙しくてあまりかまってくれなかったんですが…。

妊娠してから、凄く凄く優しくしてくれて、風邪の時とかは、小さい頃に戻ったような気すらしてめちゃくちゃ甘えてしまいました。

 

メイちゃんもとっても嬉しかったんでしょうね!

 

そしてナギサさんにメイちゃんの事をいったんお願いする時のお母さんの表情が、お母さんって顔で。

ああ、お母さんもちゃんとメイちゃんのお母さんだなぁ(?)と思いました。

 

 

そして最後に2人でナギサさんにメールを送るシーン!

2人とも全く同じようなタイトルでメールしていて、シンクロ。

親子って良いですねー^^

 

ちょっと2巻がシリアスな感じもあったので、3巻は明るくおさまって良かったです!

 

そういえばナギサさんが駆け付けたときに、ナギサさんがどこかの会社にいて若い女性が倒れているシーンがありましたが、何かの伏線でしょうかね。

気になります。

スポンサーリンク


家政夫のナギサさん3巻ネタバレあらすじや感想!母のぬくもりまとめ

【家政夫のナギサさん3巻ネタバレあらすじや感想!母のぬくもり】ということでまとめました。

3巻でお母さんとメイが仲良くなって…「待って、これもしかして2人が上手くいったらお母さんが応援してくれるんじゃない?」なんて思っちゃったんですけど気が早すぎですかね(笑)

お母さんとメイちゃんが、なんだかんだでメールなどで似た者同士だったのが、なんだかホッコリしました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!