神田道夫wikiプロフィール経歴!熱気球で山越えの冒険家で行方不明?

29歳で熱気級のパイロットの資格を取得、太平洋横断にもチャレンジしたことがある冒険家です。

そんな神田道夫さんのwikiプロフィール経歴をまとめました。

実は太平洋横断中に行方不明になってしまっていて、「最後の冒険家 太平洋に消えた神田道夫」という本にまでなっているんです。

今回は【神田道夫wikiプロフィール経歴!熱気球で山越えの冒険家で行方不明?】ということでまとめます。

スポンサーリンク


神田道夫wikiプロフィール経歴

神田道夫さんのwikiプロフィール経歴をまとめました。

名前 神田道夫
生年月日 1949年12月
出身地 埼玉県
備考 冒険家


神田道夫さんは1949年12月生まれ。

埼玉県出身の冒険家の方です。

 

28歳の時に熱気球に興味を持ち、29歳の時には熱気球のパイロットの資格を取得。

1990年には失敗はしたものの、市吉三郎さんと共にエベレストに熱気球で挑みました。

 

そんな神田道夫さんは、なんと埼玉県比企郡川島町教育委員会職員で、エベレストのチャレンジもそんな中で挑まれました。

 

 

そして「冒険家」ということで2004年と2007年に熱気球での太平洋横断にチャレンジします。

エベレストチャレンジでは失敗しているのに…それでも2回に渡っての太平洋チャレンジ。

さすが「冒険家」と言いますか、チャレンジ精神が凄いですね。

神田道夫さんは行方不明に

神田道夫さんは残念ながら2008年1月31日に熱気球「スターライト号」に乗って栃木県から太平洋横断に出かけたあと2月1日を最後に連絡が途絶えてしまっています。

 

そのまま行方不明の神田道夫さん…残念です。

 

2004年の太平洋横断には「石川直樹」さんが同乗していて、「最後の冒険家 太平洋に消えた神田道夫」という作品を出版し、「開高健ノンフィクション賞」を受賞しています。

スポンサーリンク


神田道夫wikiプロフィール経歴!熱気球で山越えの冒険家で行方不明?まとめ

日本の冒険家、熱気球での太平洋横断に魅せられた神田道夫さんのwikiプロフィール経歴をまとめました。

熱気球に魅了され、山越えや太平横断に挑んでいた神田道夫さん。

行方不明ということで悲しいですね。

 

 

「冒険家」というと海外なら何人か思い浮かびますが、日本人ではあまり聞き慣れない言葉。

すごくチャレンジ精神のおありな方だったんだなと思います。

行方不明ということを知って…本当に残念です。

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!