テセウスの船の佐野慎吾「子役」坊主頭、番家天嵩(ばんかてんた)のwiki風プロフや演技力について

2020年1月期のドラマ「テセウスの船」に出演中の坊主頭の子役がキュート過ぎる!と話題です。

この坊主頭の男の子、名前は番家天嵩君と言うんですね。

何とも珍しいお名前のお子さんですが、テセウスの船以前にもいくつかの作品に出演してるんです。

 

今回は可愛過ぎる番家天嵩君のプロフィールや経歴、テセウスの船での役柄を詳しくご紹介します!

スポンサーリンク


番家天嵩(ばんかてんた)のプロフィール

  • 生年月日 2012年11月16日
  • 年齢 7歳
  • 身長 101cm
  • 体重 17.5kg
  • 特技 レスリング・ダンス
  • 出身地 神奈川県
  • 所属事務所 株式会社ウォーターブルー

笑顔がとっても可愛い番家天嵩君はまだ7歳なんですね。

 

 

何より気になるのが「番家」という珍しい苗字です!

子役として活躍するには、珍しい名前のほうが視聴者にすぐに認識してもらえそうですよね。

学校でもすぐに覚えてもらえそうだな。

 

 

調べたところ熊本県や大阪府に多い苗字のようです。

けど、番家天嵩君の出身は神奈川県なんですよね。

お父様かお母様のルーツが熊本県のほうなのかもしれませんね~。

 

 

あと、特技がレスリングってすごいですよね!

習い事がレスリングなのかな?

お家でもご両親相手に技とかかけてると思うと、微笑ましい(笑)

 

 

ダンスというのも低学年のお子さんらしくて可愛いなぁ。

我が子も毎日自分で創作したダンスを踊っています(笑)

 

 

所属事務所はウォーターブルーという子役中心の事務所に所属しています。

私は子役の事務所と言うと、テアトルアカデミーさんぐらいしか知らないんですが(笑)

本当にいっぱいあるんですね。

 

 

こちらに所属している子たちは、「天才てれびくん」や「いないいないばあ」などEテレの番組に結構出演しているようです。

スポンサーリンク


番家天嵩の経歴

坊主頭がトレードマークの番家天嵩君ですが、子役としての歴はどうやらまだ浅いようです。

過去の出演作品としては以下の2作品でした。

 

  • 2019年映画「二宮金次郎」金次郎の弟 富次郎役
  • 2020年スペシャルドラマ「西村京太郎トラベルミステリー71」三枝翔太役

 

「二宮金次郎」は学校で銅像としてよく見ますよね。

二宮金次郎と言えば、貧しいながらも勉学に励んだ少年時代が有名です。

けれど、この映画では金次郎の青年時代の偉業を主に描いているんですよ。

 

あまり知られていないけど、二宮金次郎は600以上もの農村の復興という偉業を達成したそうです。

青年時代を描いた映画ですけど、もちろん少年時代も出てきます。

 

 

番家天嵩君は、少年時代の金次郎の弟である富次郎役として出演しています。

純粋で素朴そうなお顔立ちが、作品の雰囲気にぴったりだなと思います!

 

 

もう1つの作品としては、西村京太郎トラベルミステリーに出演していました。

こちらは連続ドラマではなく、お正月の単発ドラマですね。

 

 

西村京太郎ミステリーは原作もドラマもファンが多いので、観た方もたくさんいるでしょう。

今回のお話は芸人のサンドイッチマンのお2人が出演したことでも話題になりました。

 

 

番家天嵩君の役柄としては、事件に関係する重要人物である三枝しのぶ(とよた真帆さん)の息子の翔太役です。

セリフ数は多くないものの、ストーリー上では重要な役どころでしたね。

 

 

番家天嵩君は現在のところ、映画1作品・ドラマ1作品のみの出演で、テセウスの船が3作品目となります。

テセウスの船も含め、今後の出演作品も要チェックですね!

スポンサーリンク


テセウスの船の佐野慎吾子役の番家天嵩(ばんかてんた)の演技力は?

役者としてはまだ出演歴が浅い番家天嵩君ですが、気になる演技力はどうなのでしょうか?

SNS上ではテセウスの船で共演の白鳥玉季ちゃんと共に、さっそく話題になっています!


演技力というよりも、皆さん坊主頭の可愛さに目がいくようですね(笑)

テセウスの船の公式サイトでは、主演の竹内涼真さんが番家天嵩君の印象を「年齢の割に物怖じしないし、元気で一緒にいて楽しい」と語っていました。

確かに、あの弾けるような笑顔は一緒にいるだけで幸せになりそうです。

 

 

まだ7歳なのに物怖じしないというのもすごい!

将来は大物俳優になるかもしれませんね。

今後の活躍が非常に楽しみな役者さんです。

スポンサーリンク


番家天嵩のテセウスの船での役柄

さて、キュートな番家天嵩君はテセウスの船でどのような役柄を演じるのでしょうか?

簡単に、テセウスの船のあらすじを紹介します。

 

父である警察官の佐野文吾(鈴木亮平さん)がある事件の犯人として逮捕されてから、心(竹内涼真さん)は母(榮倉奈々さん)や兄姉達と支え合って生きてきました。

しかし、大人になってからも父が逮捕されたという事実から逃れられず、暗闇の中を漂う人生です。

 

 

心の人生が変わるのは、妻である田村由紀(上野樹里さん)の一言がきっかけでした。

「お父さんを信じてあげて欲しい」

この一言を聞いて、心は文吾が逮捕された村を訪れます。

 

 

すると急に、文吾が逮捕された平成元年にタイムスリップしてしまいます。

逮捕前の父や当時の母と会い、心は文吾と共に村で起こる様々な事件を防ごうと決意。

未然に事件を防ぐことで、父が逮捕されるのを阻止しようとするのです。

 

 

しかし、色々な問題が浮かび上がってきて・・。

番家天嵩君が演じるのは、心がタイムスリップした平成元年当時の心の兄、慎吾です。

やんちゃで明るい性格という役設定なので、番家天嵩君にぴったりなんです!

 

 

ただ、現代に戻った時に慎吾らしい人物が出てこないんですよねぇ・・。

もしかしたら、文吾が逮捕された事件に番家天嵩君が演じる慎吾が何か関係しているのかも?!

シリアスな内容のドラマですが、番家天嵩君演じる慎吾が、どのように心やその他の人物と接していくのかも要チェックですね!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!