100日後に死ぬワニのネズミくんは作者だった?友人との想い出を漫画に?

100日後に死ぬワニが3月20日に完結しましたが、「ネズミくんは作者だったのでは?」という説が盛り上がっているようです。

その理由は作者の公式ページのプロフィールに過去に友人を事故で失くしたことについて書いてあるからとのこと。

【100日後に死ぬワニのネズミくんは作者だった?友人との想い出を漫画に?】ということで、この件について考察していきたいと思います!

スポンサーリンク


100日後に死ぬワニのネズミくんは作者だった?友人との想い出を漫画に?

Twitterの考察の中に、「100日後に死ぬワニ」の作者のきくちゆうきさんがワニくんの友人のネズミくんなのではないかという意見がありました。

 

そこで、作者「きくちゆうき」さんのホームページを確認してみた所…。

0歳…1986年に生み落とされる。

4歳…幼稚園では「つばめ組」に属していました。ティッシュの空箱と輪ゴムを使いギターみたいな物を作ったら壇上に立たされて褒められた。もしかしたらその時から物を作るのが好きだったのかもしれない。

友達と遊ぶ時はドラゴンボールごっこをして遊ぶ。仲の良い友達が悟空役。悟空にはなれなかったちくしょう。

(中略)

仲の良い友達と2人で自転車に乗ってプリクラを撮りに行こう〜ってノリノリで自転車漕いでデパートのゲーセンに向かっていたらバイクに乗ったやつに絡まれる。まさに地獄。

財布取られるかと思ったけど何事もなく終わる。マジで良かった。プリクラは後日撮りに行ったけど、その帰りにまた変なやつに絡まれる。当時はそんなやつがたくさん居たなあ。

(中略)

20歳、悟空であり、一緒にプリクラ撮りに行ったりした友達が事故に遭い亡くなる。
めちゃくちゃ泣く。
数ヶ月落ち込む。
ある時、何か出来ないかと思い、絵をまた描き始めた。

作者・きくちについて(きくちゆうきさん公式HP)

ずっと仲が良かったご友人が事故で亡くなり、めちゃくちゃ泣いて落ち込んだことが書かれています。

1986年生まれというきくちゆうきさん、今は33歳もしくは34歳と思われるので、約13年前の出来事でしょうか。

 

この出来事が原因で、ワニくんの話を書いていたとしたら…。

とてもリアルですし、交通事故(ワニくんの前で、誰かがひかれかけるコマ)系のコマが多かったり、それ以外のコマはひたすら日常が描かれていたことに納得しました。

 

急に、いつ何が起きるか分からないということですよね…。

スポンサーリンク


作者がネズミ説と思う方が多数

スポンサーリンク


100日後に死ぬワニのネズミくんは作者だった?友人との想い出を漫画に?

【100日後に死ぬワニのネズミくんは作者だった?友人との想い出を漫画に?】ということでまとめました。

事実かどうかは分かりませんが、100日後に死ぬワニの一部が実話なら…じーんとしてしまいますね。

 

作者やワニくんたちが、毎日を一生懸命生きることの大切さを教えてくれたような気がします。

それにしてもワニくんロスに陥りそうですよ。

きくちゆうきwiki出身や年齢、過去作はある?友人がキッカケでワニくんを描いた?

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!