スノボで遭難の中学生は誰で中学校はどこの学校?スキー場外に批判も

スノボ中に遭難した中学生について千葉県浦安市の男性(父親)から通報があり、現在群馬県の谷川岳で捜索が行われているそうです。

遭難した中学生は15歳ということで、中学3年生ですがどこの学校の誰なのでしょうか。

スキー場外でスノボをしていたということで、危ない行為に批判も集まっています。

スポンサーリンク


15歳の中学生がスノボで遭難

15歳の中学生が2月11日の午前11時頃から連絡が取れない状態になってしまったそうです。

お父さんと群馬県みなかみ町の天神平スキー場のコース外でスノボをしていたという中学3年生。

父がロープウェイの駅で待っていたところ、連絡もなく現れることも無かったのだそうです。

 

 

捜索は19時まで行われましたが中学生は発見されず、捜索は12日に持ち越されました。

現場は吹雪になることもあったということで、心配ですね。

 

 

その後、中学生は12日に発見されたとの事、良かったですね^^

スポンサーリンク


15歳の中学生は誰で中学校はどこの学校?

15歳の中学生の男の子ですが、誰で中学校はどこの学校でしょうか。

ニュースを見てみると

  • 千葉県浦安市在住
  • 中学3年生
  • 15歳

という情報しかありません。

 

浦安市にある中学は以下の通り

  • 浦安市立浦安中学校
  • 浦安市立堀江中学校
  • 浦安市立入船中学校
  • 浦安市立見明川中学校
  • 浦安市立高洲中学校
  • 浦安市立富岡中学校
  • 浦安市立日の出中学校
  • 浦安市立明海中学校
  • 浦安市立美浜中学校
  • 東海大学付属浦安高等学校中東部
  • 東京学館浦安中学校(ご指摘がありましたので追加しました)

もしくは、都内の私立中学に通っている可能性もありますね。

 

詳細が発表され次第更新します。

スポンサーリンク


15歳の中学生と父親の危険な行為に批判も

15歳の中学生と47歳の父親については、スキー場外で危ない行為をしていたと、主に父親に対する批判の声が上がっています。

一部を紹介しますと、以下の通り

慣れてたんだろうけど、親父どんだけ先行したんだよ。15才の子どもならまだまだ親の責任。 生きていれば良いけど、そういった知識や装備を持たせる部分も含め、親の責任。 明日は我が身

あそこは山の神がいるような所だからどうかな…、って思ってしまうが。。夏でも遭難多発なのに無謀だ。v

親が着いていながら何故場外を滑降したの?責めても仕方ないけど、一時の満足の為に父親は一生悔いていかなきゃならないんだよ⁉︎

親子で他人に迷惑をかけてお馬鹿だ。探す人も命懸けだよ。

バックカントリー事態は自己責任でやればいいけど親が子供と滑るなら細心の注意を払ってやらないとダメだよね。 子供に生き延びる術を教えてることを祈ります。

親子そろって… バックカントリー甘くみすぎだ。 谷川岳なんて普通に危ない山なのにね。

てか親がルール守らないで人に迷惑かけんなよ

確かに雪山で吹雪もあるということで、そこで遭難した中学生を探す方々も危険の中で捜索活動をされるのですよね。

無事に帰ってきて欲しいと思いますし、今後このような無謀な事をする親が増えないと良いなとも思います。

※12日に無事発見されました^^

スポンサーリンク


スノボで遭難の中学生は誰で中学校はどこの学校?スキー場外に批判も まとめ

群馬県の谷川岳のスキー場の場外で遭難してしまった中学生は誰で中学校はどこの学校なのかなどをまとめました。

たまにこういったニュースがありますが、もう起きてしまった出来事なのでお父さんについて批判しても仕方が無いのかもしれませんが、危険だと分かっている場所でルールーを守らずに遭難…なんともいえない気持ちになりますね。

捜索は2月12日にも行われるとのこと。

雪山の遭難ということでかなり厳しいとは思いますが、無事に見つかりますように。

※12日に無事発見されました!!!

スポンサーリンク


2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!