ましも内科・胃腸科(群馬)はどこ?コロナ感染70代医師が発症後1週間診察で濃厚接触者多数!

ましも内科・胃腸科(群馬)で70代の医師とその妻が新型コロナウイルスに感染していたと発表がありました。

そしてこのコロナウイルス感染のましも内科・胃腸科(群馬)の70代医師は発症後1週間の間、往診や外来を行っていたとのこと。

濃厚接触者は67人と発表がありました。

そこで【ましも内科・胃腸科(群馬)はどこ?コロナ感染70代医師が発症後1週間診察で濃厚接触者多数!】ということでまとめます。

スポンサーリンク


ましも内科・胃腸科(群馬)はどこ?

新型コロナウイルスの院内感染が疑われているという「ましも内科・胃腸科(群馬)」はどこでしょうか。

住所(場所):群馬県邑楽郡大泉町城之内1丁目4−1

 

「ましも内科・胃腸科(群馬)」は群馬県の大泉町にあります。

外来の他にも往診も行っているとのことでした。

スポンサーリンク


ましも内科・胃腸科(群馬)のコロナ感染70代医師が発症後1週間診察

群馬県によると新型コロナウイルスに感染の70代医師は、発症後に1週間診察を行っており、患者ら67人と濃厚接触の可能性があるということです。

 

ましも内科・胃腸科(群馬)のコロナウイルス感染70代医師の行動歴は以下の通りに発表されていました。

  • 3月4日 微熱とせき(午前中に外来診察、午後に太田保健所管内の患者宅へ往診)
  • 3月5日 太田と舘林管内で往診
  • 3月6日 午前は外来診察、午後は舘林管内で往診
  • 3月7日 午後は舘林管内で往診
  • 3月9日 午前中に外来診察
  • 3月10日  37度の発熱と強いせき、倦怠感、食欲不振が出たものの、午前中に舘林管内で往診
  • 3月11日 午前中に外来診察
  • 3月13日 肺炎と診断され、陽性に

この70代医師は基礎疾患があるため、入院中の現在、重症とのことです…。

医師の奥さんも感染が確認されていますが、奥さんについては容態は安定とのことで良かったです!

 

実はこの「ましも内科・胃腸科」では60代の女性看護師が3月12日に新型コロナウイルス陽性となっていました。

ところがこの70代医師は3月4日にせきの症状があり、群馬県では3月4日に70代医師は既に感染していたとみているとのこと。

70代医師が感染源では…となっているようです。

 

県では微熱とせきが出た4日を医師の発症日とみており、この日も含め計7日間にわたって診察を続けたことに、会見した山本一太知事は「結果的に感染を拡大させる要因となった。まことに遺憾だ」と語った。

この医師をましも内科の感染源の可能性が高いとし、今後は医療機関での感染では機関名を公表していくとの方針を発表した。

産経新聞

 

群馬県ではこの件をきっかけに、医療機関での感染では医療機関名を公表する方針としたそうですね。

スポンサーリンク


ましも内科・胃腸科(群馬)のコロナ感染70代医師はなぜ気付かなかった?

ましも内科・胃腸科のコロナウイルス感染の70代医師はなぜ感染に気付かなかったのでしょうか。

3月4日に気付いていれば…往診や数人の患者を診察することは無かったと思います。

 

それより何より、70代で基礎疾患があるため重態とのことで、もう少し早くお気付きになっていたら重態になっていらっしゃらなかったのではないかと悲しいです。

往診の予定が多かったようですので、もしかしたら、この方が往診出来ないと困る患者さんがたくさんいらっしゃるのかもしれないですね…。

 

 

でも、ご自身の体調を優先して欲しかったなと思いました。

お医者様ということで、普段から風邪を引いたりする機会が多くて気付かなかったのですかね…。

重態ということですが、どうにか無事に治って欲しいと思います。

スポンサーリンク


ましも内科・胃腸科(群馬)はどこ?コロナ感染70代医師が発症後1週間診察で濃厚接触者多数!まとめ

【ましも内科・胃腸科(群馬)はどこ?コロナ感染70代医師が発症後1週間診察で濃厚接触者多数!】ということでまとめました。

70代医師の方が重態…ということで心配です。

もう少し早く治療を受けていれば、少しは違ったのでしょうか。

早期に回復されるといいですね。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!