コロナウイルス(新型肺炎)一般病床入院可能の理由はなぜ?大丈夫?怖いしおかしい!

コロナウイルス(新型肺炎)の患者が一般病床入院可能となるという発表が厚生労働省からありました。

まさかのコロナウイルス(新型肺炎)一般病床入院可能の決定…政府は大丈夫?怖いしおかしいと思いませんか。

そこでコロナウイルス(新型肺炎)一般病床入院可能がなぜなのかなどまとめました。

スポンサーリンク


コロナウイルス(新型肺炎)患者が一般病床入院可能に

コロナウイルス(新型肺炎)について、今までは指定感染症の患者を診ることが出来る病院での入院に限られていましたが、厚生労働省の通知で、新型コロナウイルスの感染者は一般病床に入院可能となりました。

原文は以下の通り。

厚生労働省は11日までに、新型コロナウイルスの感染者について専用設備のある「感染症病床」以外の一般病床での入院も認めるとの通知を出した。

感染症病床は全国に約1800床しかなく、国内で流行した場合、入院先が不足する事態が懸念されていた。

クルーズ船の集団感染のほか、今後、国内で感染者が急増する事態に備えるため、医療提供体制を整える。

日本経済新聞

第一種指定感染症、第二種指定感染症医療機関には指定基準があります。

 

第二種指定感染症の指定基準には以下のような基準があります。

  • 重症の救急患者に対して医療を提供する体制が常に確保されていること
  • 設置されている病床が全て感染症病床であること
  • 病室内または病室に隣接してトイレ及びシャワー室があること
  • 感染症の医療の経験を有する医師が勤務していること

そして第一種指定感染症の指定基準はこれに加えて

  • 特定区域内の換気を十分行えること
  • 陰圧制御が可能である事
  • 特定地域に対する給気設備は、当該病院の他の区域と同一としないこと
  • 病室の扉は手の指を使用しないで開閉できる事
  • 窓は気密性が高く、非常時のみに開くことが出来ること
  • 手洗い設備は指を使わずに操作出来る事
  • 病室内にはシャワーがあること

などなど、かなり厳しい基準が設けられています。

 

例えばコチラは指定感染症患者を受け入れることが出来る成田赤十字病院のお知らせに書かれている文章です。

 このような患者さんを受け入れる場合には、感染症病棟の専用の入り口を使用するため、一般の患者さんと接触することは一切ございません。

入院後は、感染症病棟の専用病室(病室内の空気が外に漏れない構造になっている陰圧室)で治療を行い、排水についても特別な消毒処置が行われるため、病原体が病室の外や屋外に出る心配はありません。

この病室は個室で、トイレ・シャワーも完備されており、入院中に他の患者さんと接触することはありません

成田総合病院

個室にトイレやシャワーが完備されていて、陰圧室があり、排水にも特別な消毒がされている…とありますね。

逆に一般病棟にはこれらの設備は無い可能性があるということです。

指定感染症の指定病院については、感染症の専門の知識がある医師の方がいらっしゃる上に、施設内の感染症対策もしっかりしていて排水や排気にまで注意がされていて安心です。

しかし、一般病床入院可能となってしまったら…怖いですね。

スポンサーリンク


コロナウイルス(新型肺炎)一般病床入院可能の理由はなぜ?

それではなぜコロナウイルス(新型肺炎)は一般病床入院可能となった理由はなぜでしょうか。

厚生労働省のお知らせを見てみると、どうやら病床の数が足りないからのようです。

 

 

指定感染症医療機関の病床の数は全部で約1800しかありません。

そのため、数が足りなくて…とうことでした。

 

 

原因は病床数が少ないからとありますが、ではなぜ少なくなってしまったのでしょうか。

 

  • 個人で旅行にやってきた中国人の感染者
  • チャーター機で帰国の感染者
  • クルーズ船の感染者

 

…どう考えてもクルーズ船の感染者が原因ですよね。

次から次へと感染者が増えたので、救急車の数まで足りずに、応援の救急車が他県からかけつけているようです。

例えばこれは岐阜県の第二種指定医療機関である「多治見病院」の救急車がわざわざ横浜のクルーズ船まで向かっている様子。

もうどう考えてもクルーズ船のおかげで病床が足りなくなっているようですね。

今後もクルーズ船から患者が運ばれることを考えると、一般病床まで拡大せざるを得ないのでしょう。

スポンサーリンク


コロナウイルス(新型肺炎)一般病棟入院可能は大丈夫?怖いしおかしい!

それではコロナウイルス(新型肺炎)一般病棟入院可能は大丈夫なのでしょうか?

「指定感染症医療機関」のような設備のない一般病床へ入院可能になるのは怖いしおかしいですよね。

 

 

陰圧室や排気設備が整っていない一般病床にコロナウイルスの患者が入院した場合、院内感染などの危険はないのでしょうか?

ネットでも不安の声が上がっています

いやちょっと待ってよ… 家族がもう数年間入院してる身としては新型コロナウイルスに感染した人たちが一般病床に来るとか本気で笑えない…

なに考えてんの? インフルエンザの院内感染防ぐために子供をお見舞い禁止にしてるのに。空気感染する新型コロナウイルスはいいの? 高齢者と持病がある人は重症化するんじゃなかったの?

一般病床での入院も可能との通達を出したってことは、厚労省は表に出してないだけで新型コロナウイルスの感染が疑われる事例を相当数、、、感染症病床があっという間に足りなくなるほど、、、、掴んでいるのかもしれないなぁ。

厚労省無能すぎる 何がエアロゾル感染の 「証拠なし」だよ 中国当局が発表してるだろ!! 尚さら一般病床入院可なんて… 何にも考えてないやろ! 次期は政権交代確定だわ(笑) 新型コロナウイルスのエアロゾル感染、厚労省「証拠なし」

一般病床を新型コロナウイルス用にして他とは隔離しろってことだと思うんだけど、現場の人達の負担が大きいし、そうなるとエラーが起きやすいよ。

コロナウイルス感染者、一般病床で入院可能って、、、感染しても致死率高くないからの判断?でも分母が増えればその分分子も増えるし感染力めちゃくちゃ高いウイルスなのにもうまじで何考えてるかわからん

新型コロナウイルス患者を一般病床て・・・・ よっぽど政府は対応に後手後手なんや もう手の施しようがないから後先考えていない行動だよね

コロナウイルス(新型肺炎)が一般病床へ入院可能となったのは大丈夫かというと、大丈夫じゃないから特定感染症指定医療機関があるわけですよね。

ただ第一種感染症医療機関や、第二種感染症医療機関には感染症専用の病床の他に一般病床もあるので、専門の知識を持ったお医者さんのいる「第一種感染症医療機関」「第二種感染症医療機関」の一般病床に入院させるならまだましかもしれません。

そうはいっても、同じ病院に入院している患者さんや通院の方は怖いですよね…。

 

今までは指定感染症医療機関への入院だったこともあり、どこの都道府県の病院かまでしか公表されていませんでしたが、一般病床も入院可能とするなら病院名も公表して欲しいと思います。

スポンサーリンク


コロナウイルス(新型肺炎)一般病床入院可能の理由はなぜ?大丈夫?怖いしおかしい! まとめ

新型コロナウイルス(新型肺炎)一般病床入院可能の理由はなぜかや、大丈夫なのかをまとめました。

まだまだ感染が広まっているのに一般病棟入院可能は怖いしおかしいですよね。

早く感染が収まるといいのですが…。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!