新型コロナウイルス京都の感染者の病院はどこ?学校(大学)は?指定医療機関は京都府立医科大学附属病院?

新型コロナウイルスが京都市内でも感染者が出てしまいました。

感染者は京都市の中国人留学生の20代女性。

新型コロナウイルス京都の感染者の病院がどこかや、指定医療機関が京都府立医科大学付属病院なのか、行動範囲や行動歴、学校はどこかをまとめました。

スポンサーリンク


新型コロナウイルス京都の感染者の病院はどこ?指定医療機関は京都府立医科大学附属病院?

毎日新たな新型コロナウイルス感染者が出てしまっている日本ですが、今度は京都でも新型コロナウイルス(新型肺炎)の感染者が出たという発表がありました。

新しく発表されたのは中国からの留学生の20代女性。

こうも毎日発表があると、明日も明後日もあるのではないか、いつか自分の住む県でも発表があるのではないかと不安になってきますね…。

 

 

そんな新型コロナウイルスに感染してしまった京都の留学生の入院先について調べました。

これまで新型コロナウイルスに感染した方々は、「特定感染症医療機関」か「第一種感染症医療機関」へと入院しています。

 

 

京都府で新型コロナウイルスの感染者が出た場合にどこの病院に入院となるのかを見ていきましょう。

ちなみにニュースで「京都市の」とあったので、この留学生は京都市の学生であると思われます。

 

 

京都府には「特定感染症指定医療機関」がありません。

もし「特定感染症指定医療機関」に入院となると、大阪府の「りんくう総合医療センター」となるのですが、わざわざ遠方まで運ばれる可能性は低いのではないでしょうか。

 

 

ということは可能性が高いのは「第一種感染症指定医療機関」の病院ですね。

厚生労働省によると、京都府の「第一種感染症指定医療機関」は「京都府立医科大学附属病院」となっています。

京都府立医科大学附属病院はコチラにあります。

静岡市立静岡病院の受け入れ可能な床数は2床。

場合によっては、「第二種感染症指定医療機関」に入院となる可能性もあるでしょう。

 

 

京都府の「第二種感染症指定医療機関」は以下の通り。

  • 京都府立医科大学附属病院
  • 京都市桃陽病院
  • 京都市立病院
  • 京都第一赤十字病院
  • 京都大学医学部附属病院
  • 京都桂病院
  • 南京都病院
  • 京都きづ川病院
  • 京都山城総合医療センター
  • 京都中部総合医療センター
  • 市立福知山市民病院
  • 京都府立医科大学附属 北部医療センター

第二種まで広げると、病院の数がたくさんありますね。

この中には感染症用の床が無い病院もあり、さすがに新型コロナウイルスに感染した患者を入院させるなら、そのような病院は省かれると思います。

残った病院がコチラ。

  • 京都市立病院
  • 京都きづ川病院
  • 京都山城総合医療センター
  • 京都中部総合医療センター
  • 市立福知山市民病院
  • 京都府立医科大学附属 北部医療センター

 

京都市立病院

 

京都きづ川病院

 

京都山城総合医療センター

 

京都中部総合医療センター

 

市立福知山市民病院

 

京都府立医科大学附属 北部医療センター

スポンサーリンク


新型コロナウイルス京都の感染者、留学生の学校はどこ?

新型コロナウイルス京都の感染者、留学生の学校はどこでしょうか?

感染後、学校には行っていないようですが、気になりますね…。

おそらく学校の近くに住んでいるのではないかとも思われます。

 

 

留学生で20代女性ということなので、高校ではなく大学ですね。

京都市内にある外国語学部のある大学は以下の通りです。

  • 京都府立大学
  • 京都女子大学
  • 同志社女子大学
  • 同志社大学
  • 京都外国語短期大学
  • 大谷大学
  • 滝谷大学
  • 京都橘大学
  • 京都産業大学
  • 佛教大学
  • 平安女学院大学
  • 京都ノートルダム女子大学

このうち中国語を学べる大学は

  • 京都外国語大学(中国語専攻あり)
  • 大谷大学
  • 京都産業大学
  • 佛教大学(中国語専攻あり)
  • 京都女子大学

です。

 

京都外国語大学や佛教大学以外の大学は「アジア言語」の専攻はあっても、中国語専攻はありませんでした。

また、もちろん中国からの留学生だからといって、外国語学部のある大学とは限りませんので、参考に留めて頂ければと思います。

詳しい情報が発表され次第、更新します。

スポンサーリンク


新型コロナウイルス京都の感染者の行動歴や行動範囲は?

新型コロナウイルス感染の京都の20代留学生女性の行動範囲や行動歴ですが…。

 

  • 1月16日~1月22日まで武漢市
  • 1月22日の午後に日本へ(症状は無い)
  • 1月23日に咳が出たため、自宅療養
  • 1月28日に発熱、救急車で京都府内の医療機関へ
  • 1月30日に発熱、自宅療養

1月23日からは自宅で療養しており、外出は1回だけだそうです。

また、外出時もマスク着用だったとのこと。

 

 

武漢市で咳症状のある方と過ごした時間があるとのことなので、感染しても仕方ないですね…。

また、22日の午後に日本へ帰国していますが、23日からはずっと自宅で、病院への移動も救急車。

1度外出した時もおそらく注意して出かけてくれていそうなので、他人に感染した可能性があるとしたら22日の日本に帰国して、家に着くまでの間ですね。

 

 

伊丹空港、神戸空港、関空…京都には空港が無いので、これらの空港を利用した可能性があります。

また、空港から京都まで電車を利用したのかバスを利用したのかは発表が無いため、今現在は分かりません…。

いよいよ公共交通機関利用の感染者が増えてきて、怖いですね。

スポンサーリンク


新型コロナウイルス京都の感染者の病院はどこ?学校(大学)は?指定医療機関は京都府立医科大学附属病院?まとめ

新型コロナウイルスの京都での感染者の病院はどこか、学校(大学)はどこかを調べました。

指定医療機関は京都府立医科大学付属病院なので、この病院へ入院の可能性が高いのではないでしょうか。

留学生とのことなので、大学生だと思われますが、帰国後すぐに自宅で安静にしていたようなので、学校に菌が広まった可能性は低いと思いました。

スポンサーリンク


1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

         
error: Content is protected !!