3月14日安倍首相会見の見逃し動画や内容は?youtubeでは批判意見多め

3月14日に安倍首相が会見を行いましたが、youtubeなどでは批判的な意見が多かったようです。

たまたま気付いて視聴したのですが、見逃した方もいらっしゃいますよね。

そこで、【3月14日安倍首相会見の見逃し動画や内容は?youtubeでは批判意見多め】ということでまとめました。

3月14日の安倍首相会見を見逃した方はご覧になってみてくださいね^^

スポンサーリンク


3月14日安倍首相が会見!内容は?

3月14日に安倍首相が会見を行いました!内容についてはTBSによると…。

  • 重症化防ぐ対策のため検査・医療の集中大切
  • 思い出を作る時期
  • 世界経済悪化の懸念、機動的な経済政策を

とのことでした。

 

現時点では緊急事態宣言の必要はないという安倍首相。

 

途中で、「ご卒業おめでとうございます」と卒業式が例年のように行えない卒業生へのコメントなどがあったのが印象的でした。

これがTBSのまとめた「思い出を作る時期」のことでしょうか。

 

Twitter上では以下のような意見がありました。

3月14日安倍首相会見の見逃し動画

3月14日の安倍首相会見の見逃し動画がこちらです。

冒頭の6分くらいは会見ではないので、会見から見たい方は6分20秒くらいからご覧になるのがオススメですよ^^

3月14日安倍首相会見の見逃し動画や内容は?youtubeでは批判意見多め まとめ

【3月14日に行われた安倍首相会見の見逃し動画や内容は?youtubeでは批判意見多め】ということでまとめました。

イベント自粛がいつまでかなどの話題や東京五輪をどうするか、経済についてなどなど当たり障りない感じに語られているなという印象でしたが…いつも通りな感じですかね。

世界の国と団結して…みたいなくだりもありましたが、まだまだ世界では感染が広まりそうですし、コロナウイルスが長引くような気しかしませんでした。

スポンサーリンク


1 COMMENT

長石雲策

まず、この動画をアップして頂き誠にありがとうございます。お礼申し上げます。
率直な感想としてはおっしゃるとおり、いつも通りの当たり障りのない、あまりインパクトのない会見でした。

それ以上にがっかりしたのは記者の人たちの危機感のなさです。国内(特に北海道)では新しい感染者の増加止まっておりません。それに加えて欧州帰りの方の感染者が増えているように思われます。国内感染者のクラスターを追いかけてできるだけ感染者の急増を抑えるフェーズであるにもかかわらずバックドアー(欧州からの入国者)を開けたままでいいのでしょうか?毎日新聞の野口記者が習近平来日のために中国からの入国者の制限が遅れたのではないかと質問がありました。その通りです。ならばなぜ今欧州からの入国者の制限をしないのかと質問すべきです。また北海道新聞の佐藤記者から「鈴木北海道知事の緊急事態宣言を取り上げ、根拠が不明の処置(表現が少し正確ではないかも知れませんがそういう趣旨の発言でした)で経済的な打撃を受けている。それについて首相はどう評価するか?」という質問が投げかれられました。確かに諮問委員会等の専門家からの答申があったとは聞いていません。また関係者(経済界、その他)との綿密な打ち合わせがあったのかは知りません。しかし当時の北海道の状況は感染者がボロボロ出ていて緊急を要する事態と知事が認識してもおかしくない事態でした。現実の意思決定において十分な情報が有る場合はほとんどありません。それにこだわるとほとんどの場合は意思決定の機会を逃します。人生の一時期会社の意思決定に関わる機会が有りましてそのとき痛感させられました。今回の鈴木北海道知事の決定の是非は後日評価されるでしょう。3月19日に専門家の評価があるそうです。これは幸いです。首相も現時点では積極的な判断として支持しているみたいですが。佐藤記者も3月19日の専門家からの評価結果を吟味してから自ら判断すれば良いのです。この会見の場での質問として適切とは思いません。

その他いろんな方がいろいろ質問されていましたが「これは良いとこ突いている」という質問は全くありませんでした。(もし有ったなら、それに気がつかない私がバカです。)

死守すべきは感染が制御できなくなるような事態を防ぐこと(これに失敗すると世界中、特に米国からの入国制限を食らいます。これが経済および金融マーケットにどれだけダメージを受けるか想像していただければわかります。)
それと経済をなんとか持ちこたえる事(当然マーケットの動揺を納めること、個人の生存を守ることも含みます)、この二つです。

首相にその気概が如何ほどのものか問いただすのが「質問」だと思います。しかるに記者からの気迫、知性が全く感じられません。自らの政治的スタンスからの懸念しか見えてきません。(もちろん政治的スタンスがない記者など存在しないことは重々承知しておりますが)
この程度の質問しかできなくてダラダラ「質問」「質問」と手を挙げるしか能のない人しか記者になれないのでしょうか?悲しいです。

安倍政権がなぜこんなに続けてこれたのかわかったような気がいたしました。魚は頭から腐る。権力は頭から腐る。国はメディアから腐る。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


         
error: Content is protected !!